トルトゥゲーロ村の家

b0109256_091070.jpg

コスタリカは、都市部はヨーロッパ式の建物が多く見受けられますが、
郊外に出るとこういった平屋タイプの住宅が一般的なようです。
幼少時代に愛読していた、
バージニア・リー・バートンの絵本「ちいさいおうち」を彷彿させるスタイルに、
ノスタルジアとシンパシーを覚えました。
これは家に限らず、
コスタリカの行く先々で感じたのですが、
なるべく自然と共存しようとする風景は、愛着が湧くうえに
見飽きるということがありません。

b0109256_092261.jpg

b0109256_093683.jpg

b0109256_094334.jpg

b0109256_094023.jpg

↓ちなみにこれは警察所。
この地域の犯罪はゼロに等しいので、ガイドさん曰く
ここのポリスマンは、数あるハッピーの中でも極めて
ハッピーな人たちなのだそうです(笑)

b0109256_093814.jpg


つづく
by pussy-pussy-na | 2012-05-02 00:49 | コスタリカ日記


<< トルトゥゲーロ村の犬 トルトゥゲーロ国立公園その2 >>