トルトゥゲーロ国立公園その3

b0109256_2253557.jpg

翌朝、早朝6時にロッジの船着き場に集合して、
とうとう本格的にジャングルクルージングに出発することになりました。
目が覚めると、まるでバケツをひっくり返したような大雨。

b0109256_2254392.jpg

b0109256_22541278.jpg

しかし数時間経つと突然ぴたっと嵐はおさまり、
我々が乗船して出発する頃には
朝日が顔を出し、虹まで架かりました。
まさに、乙女心と熱帯雨林の空といった具合です。
(ここはラテンの国であることだし)

b0109256_22545071.jpg

b0109256_22545347.jpg


船は静かにジャングルの奥地へと進みます。
b0109256_22554160.jpg

b0109256_22554917.jpg


そして次から次へと発見される動物達!
b0109256_2257025.jpg

b0109256_22565292.jpg


b0109256_22564826.jpg

b0109256_22564475.jpg

b0109256_23532241.jpg

b0109256_2356288.jpg

b0109256_23362377.jpg

b0109256_23361979.jpg


帰りの機内で、
世界最大のバードウォッチング競技会に参加して
鳥を追いかけるのに奮闘する人々を描いた「The Big Year」という映画を見ました。
鳥好きはコスタリカに行ったらもう、たまらないだろうなあと思います。

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-03 00:04 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロ村の犬

b0109256_0515725.jpg

b0109256_0523195.jpg

b0109256_0523696.jpg

b0109256_0524099.jpg

b0109256_0524554.jpg

b0109256_0524921.jpg

b0109256_0525565.jpg


コスタリカは犬も猫もイグアナも、
みんなみんな幸せそうなのです。
(実際幸せなんだと思う)
犬や猫やイグアナが、つまり動物が幸せな国は、
人間だって幸せと考えてまず間違いない。

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-02 01:08 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロ村の家

b0109256_091070.jpg

コスタリカは、都市部はヨーロッパ式の建物が多く見受けられますが、
郊外に出るとこういった平屋タイプの住宅が一般的なようです。
幼少時代に愛読していた、
バージニア・リー・バートンの絵本「ちいさいおうち」を彷彿させるスタイルに、
ノスタルジアとシンパシーを覚えました。
これは家に限らず、
コスタリカの行く先々で感じたのですが、
なるべく自然と共存しようとする風景は、愛着が湧くうえに
見飽きるということがありません。

b0109256_092261.jpg

b0109256_093683.jpg

b0109256_094334.jpg

b0109256_094023.jpg

↓ちなみにこれは警察所。
この地域の犯罪はゼロに等しいので、ガイドさん曰く
ここのポリスマンは、数あるハッピーの中でも極めて
ハッピーな人たちなのだそうです(笑)

b0109256_093814.jpg


つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-02 00:49 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロ国立公園その2

b0109256_22283540.jpg

昼食後、
拠点となるロッジから船で10分ほどのところにある
トルトゥゲーロ村を訪ねました。
おそらく人口500人にも満たない(←具体的な数字を忘れました…)この村は、
トルトゥゲーロが国立公園に制定される以前よりずっと昔からこの場所にあり、
古くは原住民の生活様式にはじまり、
大航海時代、スペイン統治下における当時の様子なども、
村のインフォメーションを通じて知ることが出来ます。
村の対岸はカリブ海で、
産卵期(たしか7〜10月)になると数千頭のウミガメが
産卵にやってくることで有名なビーチが広がっています。

b0109256_222616.jpg

b0109256_22251945.jpg

b0109256_22265733.jpg

b0109256_22283981.jpg

b0109256_22255490.jpg

↓こども達はひたすらサッカーにお熱。
b0109256_2225519.jpg

↓戦車の残骸。
b0109256_22304179.jpg

↓露店のお土産。(ちゃっかりゲバラグッズもあるのが気になります)
b0109256_22262133.jpg

↓広場があればサッカー。
b0109256_22265456.jpg

b0109256_22261836.jpg

↓たとえ路地でもサッカー。
b0109256_22261535.jpg

↓これは美容と健康を保つスーパーフルーツ、ノニの実!
b0109256_22312487.jpg

鼻を近づけると、くさや的香り!(でも効きそう!)

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-02 00:06 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロ国立公園その1

b0109256_2240615.jpg

みなさん、ブエナス タルデス!
ブエナス ノーチェス!
ゴールデンウィークもたけなわ、いかがお過ごしですか?
また結構な…、間が空いてしまいました!
毎度毎度、忘れた頃にやってくるコスタリカ日記ですが、
ここまでくると、もはやほぼ独り言の領域に突入。

ヤッホー!

ヤッホー!
(エッ!?)

…こだまでしょうか?(希望的観測)

このGW期間中に何とか完結させたいものです。
今度こそ、朝令暮改にならないように!
さっ、前回のつづき。
今回ようやくトルトゥゲーロ国立公園に辿り着きます。


2本の川とナマケモノ、チョウとバナナに見送られ、
トルトゥゲーロへの船が出る中継地点までやってきました。
ここからは、バスから船に乗り換え運河クルーズが始まります。
といいますのも、
トルトゥゲーロ国立公園は自然を保護するために陸路を設けておらず、
船と飛行機以外ではアクセスできない場所なのです。

b0109256_23184978.jpg

b0109256_23185162.jpg

b0109256_23185720.jpg

b0109256_23185946.jpg

b0109256_2319111.jpg

b0109256_23225681.jpg

b0109256_2323154.jpg


我らが訪れた2月は乾期になるので、
川の水量は少なく、船はゆっくり進みました。
この運河は、まだ国立公園の入り口あたりになるのですが、
両岸は緑の壁が続き、
ジャングルの中から次々と珍しい動物が現れます。
ガイドさんはいち早く彼らを発見しては、
その都度船を近づけて教えてくれるので、
驚くほど近い距離でいろいろな動植物を観測することが出来ます。
大人も子どもも大喜びの楽しい道中。
残念ながら、動きが速すぎて写真を撮るのを失敗してしまったのですが、
この川にはクロコダイルもいて、
ガイドさんが、アレだー!あすこにクロコダイルがいるずら!(←※英語)
と叫んだときは、一同大興奮。
うっひょー!と、各国それぞれの歓声が上がりました。

運河は支流から本流へ。
いつしか視界がぱっとひらけ、
ますます雄大さを帯びたジャングルが行手に広がりました。
こうして約2時間の船旅を経て、
国立公園の中にあるロッジの船着き場に到着しました。


つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-01 01:57

トルトゥゲーロへの道その3

b0109256_1254382.jpg

「バ・ナーーーヌーーーーー!!!」

貴一さん(中井)ばりにバナナプランテーションを駆け抜けるフランス人親子。
わたしも両腕を広げ、
「BA・NYA〜NYA〜〜〜!!!」
と彼らの後に続きました。

コスタリカは、バナナの国。
コーヒー農園より先にバナナ農園に来てしまった
罪深き我をどうかお許しください!

それにしてもバナナはすばらしい。

b0109256_126065.jpg

b0109256_12647.jpg

b0109256_126776.jpg

↑バナナの花!

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-03-26 01:42 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロへの道その2

b0109256_016152.jpg

これは、朝食に立ち寄ったレストラン内にある蝶のためのガーデン。
コスタリカの代表的なチョウチョが集められ、保護されています。
こういった特別な場所でなくとも、
国立公園はもちろん、
普通に街を歩いていても、野生の蝶はたくさんお目にかかれました。

b0109256_0161896.jpg

b0109256_0161646.jpg

b0109256_0161355.jpg

b0109256_016112.jpg

b0109256_0161283.jpg

b0109256_016931.jpg

b0109256_016530.jpg

b0109256_0162091.jpg

↑モルフォ!
(素早くてなかなか上手く撮れない)

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-03-26 01:09 | コスタリカ日記

トルトゥゲーロへの道その1

b0109256_048356.jpg

b0109256_048383.jpg

b0109256_0484195.jpg


みなさん、ブエナス タルデス!
ブエナス ノーチェス!
忘れた頃にやってくる、コスタリカ日記でごわす。


コスタリカに着いた初日は、サンホセに滞在。
2日目の早朝6時半にホテルにツアーバスが
ピックアップにやって来ました。
一路トルトゥゲーロ国立公園を目指します。
コスタリカは、四国と九州を合わせたくらいの面積。
そのおよそ25%が国立公園といわれています。
徹底的な自然環境保護に根ざしたエコツーリズム、
それこそが世界中からコスタリカへと観光客がやってくる所以です。

フランス、スイス、スペイン、ドイツ、カナダ、日本…。
さまざまな言語が飛び交うツアーバスのにぎやかなこと。
またその車窓から見た風景の面白さ。

写真は国立公園に行く途中の川を橋の上から撮影しました。
ひとつは澄み、ひとつは濁り、
その2つの川が合流すると…、
最終的には、濁った方が勝ってしまった…!

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-03-26 00:58 | コスタリカ日記

San José

b0109256_23463151.jpg

Do You Know the Way to San José?

羽田→LA→サンサルバドル(エルサルバドル)→サンホセと、
数々のトランジットを経て、出発からおよそ丸2日かけてようやく
コスタリカの首都、サンホセへと辿り着きました!
日本とコスタリカの時差は約15時間。
昼夜がそっくり、ひっくり返るといった具合です。

2月のコスタリカはちょうど日本の5月くらいの気候。
寒い日本から来た身には、あたたかいというだけで
早くもハッピーな気分になりました。

サンホセは、全体が緩やかな丘陵地帯で、
坂道を登りきると風景がひらけて、遠くの山々や森が視界に飛び込んできます。
こじんまりとした中にも密度を感じるふしぎな都市。
外資系企業が多く進出しているらしく、日本の企業の看板もちらほら見受けました。

当初気にしていた治安面でしたが、
地元の安全保持意識は相当高いようです。
世界中(特に欧米諸国)から観光客がぞくぞくと訪れるコスタリカ。
特に注意が必要なのは首都のサンホセだけ、
街頭にはポリスがたくさん立っています。

サンホセで滞在したホテルは、市街の中心地にあり、
すぐ隣には国立劇場と広場がありました。

b0109256_1274365.jpg

b0109256_1274750.jpg

↓国立劇場内のカフェ。
b0109256_23465340.jpg

b0109256_23462042.jpg

b0109256_234681.jpg

↑「ウン カフェ ネグロ ポルファボール♡」と言うと出てきます。
(ブラックコーヒーはスペイン語でカフェ ネグロ。)
美味しい!
さすがコーヒー先進国、洗練されています。

b0109256_23462765.jpg

b0109256_23463594.jpg

b0109256_23465934.jpg


↓宿泊した老舗のホテル、Gran Hotel Costa Rica。
b0109256_23464695.jpg

b0109256_23464996.jpg


↓演奏レベル高し!
b0109256_23465635.jpg


以上、
(さすがに街頭でおおっぴらに撮るわけにもいかなかったので、)
3秒ルールでこそこそ撮ったシリーズでした!

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-03-14 01:40 | コスタリカ日記

コスタリカという国

b0109256_23515810.jpg

b0109256_235224.jpg

b0109256_2352756.jpg

b0109256_23521168.jpg

b0109256_23521426.jpg

b0109256_23521825.png


March comes in like a lion!

みなさん、ブエナス タルデス!
ブエナス ノーチェス!
3月は、本当に獅子のようにやってまいりました。
特に目立ったものでは
カクテーイシーンコクー!
などの咆哮をあげる獅子。
(3月10日現在、目下彼らと格闘中…!)
早く更新しなければしなければと思いつつの、この体たらく。
もうすっかり時差ぼけは晴れてしまいました。
毎度毎度、どうもごめんください。フッ。

さて、今回のコスタリカの旅。
行く先々で目からウロコを落とし、
終始感心しっぱなしでありました。
それこそ前回、込み上げるグレートな感情を
Pura Vida!
に託しましたが、
まぶたの裏に鮮やかに焼き付いている
コスタリカの面白さ可笑しさに、
やっぱりPura Vida!
と叫ばずにはいられません。

それでは、
今回のコスタリカ日記は論より証拠、
写真中心でお届けいたします。
# by pussy-pussy-na | 2012-03-10 22:42 | コスタリカ日記