<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014あけましておめでとうございます

b0109256_175811.jpg

もう、とうに明けきってしまい
話頭も転じているところ、
みなさん、あけましておめでとうございます!

現代のペースでいくと、
松の内はすっかり過ぎているそうで、
…ワア!
これは、
完全に発するタイミングを逸してしまった…と、
さすがに悔いております。

この導入の姿勢が、今後の展開に影を落とさぬよう、
手綱をぐぐぐぐぐーっと引き締めてまいります!
なお、
今年の年賀状は、敬愛なる赤羽末吉先生を慕い、
スーホをTTP(てっていてきにパロディ)してしまいました。
本年も、どうぞよろしくお願いします。


では、早速これからの予定などなどを駆け足で。
・1/12(日)「七穀ベーカリーさんの飛び出すパン屋」
・1/18(土)「シュウマイ教室」←定員に達した為募集は終了しました。
・2/1(土)「「パリのチョコレート レシピ帖」新刊記念ワークショップ」←要予約、参加者募集中です。
・振り返り「キャンドル制作ワークショップ」


b0109256_2344976.jpg b0109256_2344654.jpg

まず、「七穀ベーカリーさんの飛び出すパン屋」について。
大阪の大人気パン屋さん、「七穀ベーカリー」さんが今年もプシプシーナ珈琲へパンの出張販売に来てくださいます!
…しかも!
今日!(1月12日日曜日)

天然酵母のふくよかでずっしり美味しいパン。
七穀ベーカリーさんのパンは、
そこはかとなく、まず、どーんと自由があらわれて、
整然としたストロークがさっと追随してくるあの感じ…。
要するに、
ひとたび食べると忘れられない、うるわしき味わい♡
まだ、きっと間に合います!
ぜひ、ぜひ、この機会にどうぞご賞味ください。


b0109256_181114.jpg

つづきまして、1/18(土)「シュウマイ教室」について。

普段、そういえばあんまりシュウマイって
家で作ったことがないなあ〜(ぎょうざはあるけれども)という、ふとした気付き。
当店の周辺で、かれこれずっと続いているお料理交換会という内輪の習わし、
そのメンバーのとっとちゃん(活動名:totto79)が、
しばしばこさえてきてくれる、すこぶる美味しいシュウマイ。
その2点がリンクして、今回のワークショップ開催に至りました。
当日は、学んで食べて、お持ち帰りできるという、
美味しくて楽しい一日になりそうです。
今回、あれよあれよという間に定員に達してしまいました。
また、何らかの手段で教室の模様をお伝えできればと思います。


b0109256_181994.jpg
b0109256_18229.jpg

そして、バレンタインを控えた2/1(土)
「「パリのチョコレート レシピ帖」新刊記念ワークショップ」について。

元朝日新聞社の記者で、現在はインドに住みながら
「おやつを作って、書く」活動をしている多田千香子さん。
彼女の5冊目になる「パリのチョコレート レシピ帖」出版記念ワークショップを
当店にて開催します。
チョコレートの作り方やパリのお話を伺いつつ、
チョコレートのお菓子プレートとコーヒーを楽しむひととき。
当日、本の販売もいたします。

この企画のお話をいただいた際、
活動的でドラマチックな多田さんの半生を知り、
にわかにアドレナリンが沸騰するような高揚を覚えました。
個人的にも、多田さんにお会いするのがとても楽しみです。
どなたさまもぜひ、どうぞお気軽にご参加ください。

ワークショップ詳細は以下↓

講師:多田千香子
日時:2月1日(土)午後1時~2時半
場所:プシプシーナ珈琲
   (定員15名・予約制)
参加費:1900円(コーヒー付き)

予約はプシプシーナ珈琲までお願いします。
TEL・FAX 087-822-7332
Eメール pussy_pussy_na@mac.com
(メールでご予約される際は、お名前、ご連絡先(メールアドレスと携帯電話番号)、
参加人数を送信してください。)

多田千香子(ただちかこ)プロフィール:
1970年、岡山生まれ。岡山大学法学部卒。
朝日新聞記者として12年余り勤めたあとフリー。
料理学校ル・コルドン・ブルーパリ校製菓上級課程修了。
著書に「パリ砂糖漬けの日々」(文藝春秋)「パリのおやつ旅のおやつ」(朝日新聞出版)など。
ウェブサイト http://www.oyatsu-shinpo.com


b0109256_18424.jpg
b0109256_18821.jpg
b0109256_18625.jpg

最後になりましたが、昨年末に開催した
「キャンドル制作ワークショップ」について。

とてもわきあいあいとほがらかに、みなさん
思い思いのキャンドルをこさえられておりました。
同じ材料、同じ行程を経たものでも、
不思議なもので、
作者の人格のようなものをやっぱり漠然と反映しているなあと、
端から観察しながら
さりげなく思いましたことを、ここに記しておきます。
by pussy-pussy-na | 2014-01-12 02:46 | おしらせ