<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

漆の家

b0109256_0545180.jpg

b0109256_0545550.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
立秋もとうに過ぎ、白露の頃。
今更ながら、残暑お見舞い申し上げます。

この夏は、例年同様炎天下のもと、
うーん。
(回想)

・製造業に勤しむ毎日。
(勤労の後のビアーの美味しさよ!)
b0109256_1174138.jpgb0109256_1173834.jpg

・7/31徳島は脇町のフォトアートコジマさんへ出張コーヒー講座に行きました。
(とても素敵な写真スタジオとオーナーさんご夫妻、スタッフさん、
明るく気さくなゲストのみなさん。
ごきげんで愉しいお時間どうもありがとうございました!)
b0109256_055426.jpgb0109256_055719.jpg

・そして、隙を見て山へ。
(1/2の確率でわが山行は雨に恵まれます)
b0109256_1173066.jpgb0109256_1172786.jpg

・さらに、深夜のスポーツ観戦。
(早く寝れば良いのに…。)
b0109256_1173678.jpgb0109256_1173323.jpgb0109256_1305171.jpg

納品と、山と、オリンピック。
なかなか感慨深いドラマティックサマーでありました。
(大変長らくブログを放置して申し訳ありません…!!)

さ、では気を取り直して、
近々のイベントの告知をひとつ。

2010年の瀬戸内国際芸術祭に行かれた方は、
記憶に新しいかもしれません。
瀬戸内海の島、
男木島の漆の家にて、
讃岐の伝統工芸である漆器を、
現代の日常生活に沿わせてご紹介するイベントが開催されます。
(9月15日 (土) から9月23日 (日) まで『漆再生』展)

会期中、
9月17日(月・祝)に
漆のコーヒーカップを使用して、珈琲会が開催されます。
(私はそのコーヒーをたてる係の者でございます。)
幼い頃から慣れ親しんだ讃岐の漆器。
今までにも日常に寄り添う存在でしたが、
今回使用する漆のコーヒーカップは、
モダンで美しく、漆黒の中に漆黒のコーヒーが
あたかも小さな湖のようにすっぽりと具合よくおさまるのです。

相も変わらず直前告知になって申し訳ないのですが
まだお席の余裕がありますので、
このスペシャルな機会、
漆の世界にぜひ足を運んでいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


「漆と食のいい関係 ~珈琲会編~」
漆の器は"和"というイメージがありますが、
今回は漆器に珈琲を入れいただきます。
漆の家では、普段の生活に取り入れやすい漆器の使い方を提案します。
島の景色を見ながら非日常のTea Timeをお過ごしください。
日程:2012年9月17日(月・祝)
時間:11:00~12:00/13:00~14:00/15:00~16:00
提供:プシプシーナ珈琲
定員:各10名(要予約/先着順)
参加費:珈琲1杯、お菓子付き 500円(税込み)
※交通費として別途フェリー代がかかります。往復1,000円

お問い合わせ:
特定非営利活動法人アーキペラゴ 担当:小倉
tel/ 087-811-7707
fax/ 087-813-1002
mail/yasuko@archipelago.or.jp
by pussy-pussy-na | 2012-09-14 02:49 | おしらせ