<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こないだの田四郎くん

b0109256_055082.jpg




猫を膝にのせて晩酌。

(12/24)お昼過ぎ、
田四郎君が「もち吉」(おかき)を
提げて前日のライブのお礼に来てくれました。

今宵、しんしんと空気は冴え、
窓が結露している具合なんてとてもいい塩梅です。
いい塩梅。
ああ、ビールが美味い!
「もち吉」も美味し!
(ベストチョイス☆)
そんな風に、
別段悲しくもなく侘しくもなく、
平生のおだやかな心地のままご機嫌な眠りにつく。
こういう時間が、
最近とみにますます好ましくなってきている今日この頃。
(クリスマスであろうとなかろうと。)

さてさて、
23日の島津田四郎君のライブ。
いつも(アルコールがあろうとなかろうと、)
ご機嫌な気分にしてくれる田四郎君。
言わずもがなの実にいいライブでありました!
お越し頂いたみなさん、
どうもありがとうございました!

個人的に久しぶりの田四郎君のライブ。
(ずぶの素人があれこれいうのも
アレだなあ、コレだなあと思いつつ、)
以前よりぐっと、
真摯に心に響いてくるものを感じました。
どこか切なさを帯びた、
静かにめらめらと加速し、瞬く間に夜空にまで届く歌声!
懸命な田四郎君の姿。
12月23日の夜、
私は青空の下の洗いざらしのシーツよりなお、
すがすがしくはためく、真面目なロッカーの姿を目撃しました!
田四郎君のこの、謹厳実直さよ!
わたくしは、
島津田四郎君の大いなる真面目さを、心より敬愛しております。
そしてこれからも、応援しています!
by pussy-pussy-na | 2011-12-30 01:13 | きょうのできごと

島津田四郎クリスマスライブ!

b0109256_094428.jpg


師走は師走らしく。

毎夜、間違いなく光る画面と向き合っているはずなのに。
真夜中、
対岸のラップトップ。
朝、
あはれラップトップは座礁したわたしの枕となりにけり。
(やっぱり布団にもぐり込んだ状態でブログに挑もうとするのが、
間違いのはじまりかもしれません。)

本日、12/23(金・祝)!
17:00より、
言わずと知れた香川の実力派シンガーソングライター!
おなじみ、島津田四郎くんのライブをプシで開催します。
ホームページでは告知していたのですが、
ブログアップがまたしても、
こんな直前になってしもうて、どうもごめんください!
おかげさまで、満員御礼。
ぎりぎりになって恐縮ですが、
当日、もし来られる方は、念のため連絡をくださると
ありがたいです。
(TEL)087-865-6377または、
(Eメール)pussy_pussy_na@mac.comまで
どうぞよろしくお願いいたします。
by pussy-pussy-na | 2011-12-23 00:07 | おしらせ

パーマカルチャー入門その2

b0109256_4455862.jpg

あーす農場は、基本的に独立型自給自足農家なので、
敷地内で生活に関わる必要最低限の資源はほとんどまかなえるようになっています。
例えばこれは、山の水を利用した水力発電。

b0109256_4454662.jpg

これは、バイオガスプラント。
動物や人の糞を発酵させてメタンガスを発生させ、
ガス燃料として使用します。

b0109256_4455015.jpg

この袋にガスがたまります。
夏場は発酵が進むので、大量にたまるそうです。

b0109256_4461450.jpg

b0109256_4461296.jpg

(↑バイオガス点火中。)

敷地内には鶏やヤギもいます。
ヤギは乳をとり、加工食品に使います。(たぶん)
b0109256_4453958.jpg

↓ともえさん。(だと思う)
b0109256_4454295.jpg


鶏舎。
b0109256_4454481.jpg

↓中に入れてもらいました。
全然匂わない、鶏舎!
飼料は、ぬかやくず小麦を発酵させたものだそうですが、
味噌に似た良い香りがします。
b0109256_4454987.jpg


烏骨鶏小屋。
b0109256_4554780.jpg

あーす農場は米と野菜も育てています。
米は農薬を使わず、手植えをするそうです。
田んぼの水がすごく澄んでいて、
ホタルの主食だというタニシがびっしりいました。
夏になると、あーす農場にはホタルがわんさと飛ぶそうです。
タニシ(か、ホタル)の生態を研究している大学の教授もよく訪ねてくるそうです。
↓これがタニシ。
b0109256_4455549.jpg

また、あーす農場には石釜のパン工房くらんぼんがあります。
週に1回くらいのペースで焼いて、
全国に発送販売もしています。
(お問い合わせ:あーす農場・パン工房くらんぼん TEL/FAX 079-675-2959)
b0109256_446567.jpg

わたしも後日、くらんぼんのパンを送っていただきました。
ずっしりどっしりした、天然酵母のパン。
まずその迫力に、うれしくなってしまいます。
素材の良さが反映された、味わい深く、大変美味しいパンです!
(コーヒーはもちろん、なんと味噌汁にもよく合うあじわいです。)
b0109256_4465215.jpg


敷地内の建物は、やはりそのほとんどが
セルフビルドだそうで、図書室などの文化的施設もあります。
b0109256_446745.jpg

b0109256_446817.jpg


以上、
一通りあーす農場内を大森ファミリーのお父様、昌也さんに案内していただきました。
(ざっくりしててスミマセン…!)

今回は残念ながら、
ほんの数時間しか滞在できなかったのですが、
まるちゃん一家ならび、大森ファミリーの前途には、
資本主義国家の将来に横たわる暗澹たる不安の影のようなものを
軽く打破する光が、まぶしく満ちあふれているように感じました。
この上なく、率直で美しい暮らし。
それが自給自足。
滞在中、はっと気が付きました。
頑なまでにまっすぐな百姓の生活、
これはまるでロックだ…!
自給自足は、非常に説得力のあるカウンターカルチャーだったんだっ!
晩秋の西日に包まれておだやかに微笑む、まるちゃん一家と大森さん。
わたしは何か、次第にロックスターと対峙しているような
胸の高鳴りを覚えました。
大きい。
まるちゃんって、大森さんって、大きいな。

これからも、ここへは足繁く訪れるであろうと予感しました。

まるちゃんは、時々地元で開かれるイベントなどに、
「まるかくKOBO」名義で出店したりしています。
またあーす農場は、百姓体験などの受け入れもしているそうです。
もし、機会があればみなさんもぜひ、
自給自足という名の一連のロックに身を委ねてみてください。

「あーす農場」
〒669-5238
兵庫県朝来市和田山町朝日767-2
TEL/FAX 079-675-2959

「まるかくKOBO」
兵庫県朝来市和田山町朝日591
TEL/FAX 079-670-0585
by pussy-pussy-na | 2011-12-22 23:28 | 会えました〜

パーマカルチャー入門その1

b0109256_23281374.jpg

視界の先に南極大陸。

正確には、
平成18年に国土地理院が発行した南極大陸の地図。
これはいまから4年前、
気象庁まで現業室見学に来ている小学生の群れに
(たまたま)混じって、手にすることが出来たものです。
当時、空前の南極ブームが到来していたわたくし。
お台場に停泊展示中の初代南極観測船「宗谷」からはしごしての気象庁。
思いがけず、しばしこの南極大陸図を眺めては、
閃光のごとき昂奮を覚えたものです。
(順次抜かりなく、保存用と観賞用の2枚ゲットしました!)
こうして自室の机の正面、
一番目立つところに地図を貼付けたことで
朝な夕な、いつでも南極を意識する生活が保証されました。
ところが、
来年この生活体系にさらなるイノベーションが起ころうとしています。
それもこれも、兵庫県朝来市に出掛けてからというもの。

2012年元日。
南極大陸の隣には、
雲海を従えた威風堂々たる竹田城(のカレンダー)がお目見えします!
ババババーン!!
(↑ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」)


ハーイ!
みなさん、こんにちはこんばんは。
春の底に寝そべっているような、
不思議にあたたかくおだやかな11 月の残影。
我に返れば、寒風吹きすさぶ12月。
すっかりまた間が空いてしまい、どうもごめんください。
11月は、あちこち動き回っておりました。
相変わらず(サボってしまった分)、
いろいろとこう、
迫り来るイベントのお知らせが溜まってきているのですが、
切羽詰まらないと動かない性分!
これは良い経験をしたので書こう〜書こう〜と思っていた
11月のある日について、今回は先に書いてしまおうと思います。
(長文な上、写真多めな予感!)

11月某日。
最近、兵庫県朝来市に岩手から家族で移住した友人宅をたずねてまいりました。
その友人の名は、まるちゃん。
以前3月の震災直後にもこちらのブログでご紹介いたしました。
あれから9ヶ月。
現在、まるちゃんは兵庫県朝来市の新しいお家で
また1から自給自足の生活をはじめています。
新しいお家、の大家さんは、
その道では大変有名な自給自足ファミリー
「あーす農場」の大森さんです。

早朝、高速に飛び乗って、
まるちゃん宅のある兵庫県朝来市を目指しました。
6時に高松を出発して、
10時にはもう朝来市付近まで着いていたでしょうか。
まるちゃん宅は随分山の上の方にあると聞いていたので、
先にかねてから寄りたいと思っていた、
竹田城に行くことになりました。
そう、冒頭で散々騒いだ竹田城です!

b0109256_0523314.jpg

(↑これが竹田城。まさに日本のマチュピチュ!)

「日本のマチュピチュ!」
「天空の城!」
等と1人で盛り上がっているわたくしを、
車内では同行者一同完全スルーしていましたが、
現地に着いたとたん、
それが真実であることを誰も否定しませんでした!
友人Aは、
あまりの壮観に、
写真では追いつかず、動画を取ってしまったそうです(笑)
11月は雲海のシーズンなので、
竹田城的にはハイシーズン。
朝早くから観光客が続々と押し寄せていて、
どこを撮っても瀧本幹也さん。な、情景にウットリしました。
みなさんもぜひいつか、足を運んでみてください。
日本のマチュピチュにっ!

さて、上気した頬で山へ山へと向かいます。
携帯の電波は入りにくくなり、
途中、道を間違えてあり得ない薮の中を右往左往した挙げ句、
辿り着いたまるちゃんのお家!

b0109256_2421994.jpg


この建物は、あーす農場の研修生だった方が
セルフビルドされたそうです。
建物の横には沢が流れ、
畑では野菜がすくすく育ち、
洗濯物がはためき、
こども達(あーす農場3代目)も、突然の客人をアグレッシブに歓迎してくれました。
まるちゃんはここに引っ越してきてまだ2ヶ月と
間もないにも関わらず、もう随分前から
この土地に根を張り、暮らしているような落ち着き。
さすが、まるちゃんです。

早速まるちゃんがお昼ごはんをご馳走してくれることになりました。
かまどですべての調理をします。
薪のはぜる音と良い香りが台所中に広がります。
まるちゃんは、火の扱いも手慣れたもの。
流れるような動作で、あっという間に食卓がととのいました。

b0109256_302041.jpg

b0109256_302794.jpg

b0109256_310328.jpg


ひじきとジャガイモのコロッケ。
塩麹をドレッシングにした海藻サラダ。
小松菜の炒めもの。
自家製味噌のお味噌汁に玄米ごはん。
などなど。
まるちゃんの料理の腕は、
(上京当時の)下宿時代からよく存じておりますが、
それはそれは泣いちゃうほど美味しいのです!
自給自足の道に入って、より深まりけり!
ああ、しみじみと美味しい…!
思い出したら、すぐにでもまるちゃん宅に走りたくなります!
美味しいものを食べられるということは、
今生において至上の幸福であります。

昼食後、あーす農場とあさって農場(大森家の次男さんの農場)に
案内してもらいました。
まずはお隣のあさって農場。

b0109256_3345423.jpg


建物は基本的にすべてセルフビルド。
次男のげんさんと奥さん梨紗子さんは、土地を開墾するところからはじめたそうです!
山の木々で養蜂したはちみつや、玄米などを販売しています。

b0109256_3345851.jpg

↑あさって農場の看板犬。

b0109256_3351428.jpg

b0109256_335832.jpg

↑ロケーションを大いに活用して遊ぶこどもたち。

b0109256_335360.jpg

↑梨紗子さんは、美大出身で画を描いておられます。
すてきなアトリエも拝見しました!

まさに、晴耕雨読。
なんて豊かで、理想的な生活なんだろう。

次は「あーす農場」へまいります。

b0109256_440299.jpg

(…と、思ったけれど画像が多すぎて添付できなくなったので、)
パーマカルチャー入門その2につづく→
by pussy-pussy-na | 2011-12-14 06:00 | 会えました〜