<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

メールフォーム復旧しました!

b0109256_23442670.jpgb0109256_23445075.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは。
メールフォーム、復旧しました!
大変ご迷惑をお掛けいたしました。
pussy_pussy_na@mac.com
上記のアドレス復活いたします。
どうぞよろしくお願いします。

※(何にもないのもさみしいと思い、)
↑は最近マイブームの段ボール燻製の画像です。
(チキンは、スモークしすぎて真っ黒です。)
by pussy-pussy-na | 2009-09-30 23:58 | おしらせ

メールフォームの故障について

b0109256_22451934.jpg

驚くほど最近、
身の回りの重要な物質がよく壊れます。
こないだは焙煎機が壊れました。
(…正確には壊しました。。)
そして今日、とうとうメールフォームが起動できなくなりました…!
失ってはじめて分かる喪失感!
Mac君の中で、さまざまなデータがちりぢりになって、
わたしの知らない秘密結社ができているもよう。
(↑画像のような、遠いむかしに削除したはずのデータも密やかに
ゴミ箱の中で復活していたりします。)

そんなこんなで、しばらくMac君を修理に出します。
いままでのMacメールは復旧するまで使用できませんので、
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
今後こちら↓のアドレス宛に送信お願いします。
pussypussyna@yahoo.co.jp

なお、ホームページのWeb通販とお問い合わせフォームは通常通りご利用できます。
どうぞよろしくお願いいたします。

☆24日以降に通販やお問い合わせメールを送信されたみなさまへ
メールの確認ができず、返信ができない状態になっています。
大変申し訳ありません。
アドレスを変更するか、ホームページのフォームから再送信していただけると
とてもありがたいです…!
大変お手数お掛けして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

by pussy-pussy-na | 2009-09-26 23:25 | おしらせ

手網焙煎ピクニック!

b0109256_202563.jpg

b0109256_2023496.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
あー、やっとこさの告知です。
今月、5連休最後の日にあたる23日(祝)に、
手網焙煎(講座)ピクニックをおこないます。
場所は、高松市国分寺橘ノ丘総合運動公園内のキャンプ場。
(住所:国分寺町新名2069-1)
小高い丘の上のこじんまりとしたすてきなキャンプ場です↓
b0109256_21435613.jpg

b0109256_21445666.jpg

b0109256_21451436.jpg

え、え、キャンプ場で、
なになに、手網焙煎?
場所もちょっぴりマニアックならば、
内容もマニアック。
手網焙煎というのは、ぎんなん煎りなどを
用いてカセットコンロでコーヒー豆を煎る方法です。
↓これが店主のマイぎんなん煎り。
 (※ホームセンターや金物屋さんで売っています。)
b0109256_2156675.jpg

↓これは以前、岡山で開催したときの様子。
b0109256_2154348.jpg

↓最初はグリーンの生豆が、だんだんいつもの見慣れたコーヒー色に。
 手焙煎でも申し分なくおいしいコーヒーを煎ることができます。
b0109256_21544247.jpg

手網焙煎は、コーヒーの焙煎過程を目で見て(さらにからだで)
理解することができますので、コーヒーの焙煎に興味のある方
には、すこぶるおすすめです!
コーヒー豆は焙煎するとチャフと呼ばれる薄皮が
まわりにかなり飛び散りますので、
今回の講座は屋外で(しかもキャンプ場で)開催することにしました。
せっかくなので、お昼もみんなでつくって食べようと思います(^^)
(材料はこちらが用意していきます。)
食後は、自分の煎ったコーヒーでお茶をしましょう☆

↓ちなみに公園内には温泉もあります。
 「はくちょう温泉
b0109256_22214716.jpg

まだ確認はしていないのですが、アスレチックなどもあるそうです!

秋空の下、のんびりピクニック気分で
ご参加いただけたらうれしいです(^^)
参加受付〆切は20日(日)まで。(…もうあまり日がない。。)
お申し込み・お問い合わせはプシプシーナ珈琲まで、
どうぞよろしくお願いいたします。
by pussy-pussy-na | 2009-09-12 22:38 | おしらせ

旅するチェンマイ4「サンカンペーン温泉編」

b0109256_211878.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
はー、すっかり涼しくなりましたねえ。
今、これを書いている腕にも鳥肌がびっしりたっています!
今回は、そんな凍えるカラダを芯からホットに!
チェンマイ市街から東に向かって、
車で30分くらいに位置する(たぶん)、
「サンカンペーン温泉編」をお届けします。

サンカンペーン温泉には、前回(1月)にチェンマイを
訪れた際に行きました。
1月は日本は真冬ですが、
タイはハイシーズン。
ぽかぽかとあたたかい春のような陽気です。
観光客やファミリー、カップル、学生の団体が
続々と訪れて、園内は大変賑わっています。
大きなゲートをくぐると広々とした公園。
庭園には花や緑があふれ、
園内全体を巡るように築かれた水路には、温泉が流れています。

タイでは、一般的に入浴はシャワーのみ。
バスタブにつかるという習慣はありません。
しかし足湯は大好きなタイのみなさん(^^)↓
b0109256_2124037.jpg

日本の銭湯や温泉のように、
公衆の面前で裸になるという習慣もないので、
温泉はとても変わった作りになっていました。
(あっ!撮り忘れた…。以下、肝心の画像がなくてすみません。。)
館内には個室がずらーっと並んでいて、
中にはバスタブと洗い場がついています。
こ、これは…!!
おフロ風温泉です(笑)
入り口にはしっかり鍵もついているので、
プライバシーはばっちり守られています。
しかし、やっぱりただのおフロではありません。
利用者はバスタブに伸びている2本の蛇口(赤・お湯、青・水)
をひねって自分でバスタブにお湯をはって入るのですが、
ちょいとひねっただけで、
どどどどどーーーーー!!!
と、ものすごい水量が落ちてきて見る間にバスタブはいっぱいになります。
(しかも赤は熱湯!源泉掛け流し(藻入り)です^^)
しかもこれがとってもいいお湯〜♨なんです!
硫黄の匂いに包まれて、まるで温泉卵になったような気分になります(笑)
全身すっきりとリフレッシュしました☆
施設のタイプは他にも、かけ湯式や貸切ロッジ、プール等もあるそうです。

さて、ふたたび園内を散策。
あ!
温泉卵がつくられています(^^)↓
b0109256_22445162.jpg

そして、
b0109256_22585541.jpg

なんと温泉が噴き出しています!
マア!
虹までかかっています!
b0109256_2303952.jpg

サンカンペーン温泉は、とてもおだやかで豪快で幻想的なところでした!
なんだか病みつきになっちゃいます(^^)
みなさんもぜひ一度、お越しやす〜♨

次回の旅するチェンマイは、
「サンカンペーンの傘祭り編」をお届けします。
by pussy-pussy-na | 2009-09-10 23:35 | たっぷりチェンマイ!

旅するチェンマイ7「バーンロムサイ編」

b0109256_017148.jpg

みなさん、お待たせいたしました!
今回は、バーンロムサイ編をお届けします。
バーンロムサイは、
チェンマイ市の郊外にある、HIVに母子感染した孤児たちの生活施設です。
今秋公開される(9/12〜)、映画「プール」の舞台になったところです。
今回私たちが宿泊したゲストハウス(すいかハウス)を含む、
施設内のゲストハウスはすべてバーンロムサイが運営しています。

ゲストハウスとプールは、広々とした緑の木立の中にあります。
b0109256_11657.jpg

b0109256_113598.jpg

こどもたちの美術工房
b0109256_123921.jpg

裁縫工房
b0109256_142351.jpg

宿泊した日、人形劇が開催されていました。
(ご好意でいっしょに見させていただきました^^)
b0109256_1527.jpg


何から書けばよいのか…、
ここにいる間、非常に様々な思いが交錯しました。
まずバーンロムサイがどういうところであるか、
わたしが書くよりもこの施設を創設した代表者の
名取 美和さんの文章を、ぜひ読んでいただきたいです。

わたしはこの文章をチェンマイに行く前に読んでいったのですが、
読んでいて思わず泣きそうになりました。
名取さんの激しいまでの意志の強さと切実な思いに、
世の中には本当にすごい方がいると、
深い感動を覚えました。
この思いはバーンロムサイに限らず、
世界中のいろんな状況にあるすべての人々にも、共通して叶えられるべき
祈りにも似た願いだと感じます。
実際にバーンロムサイに訪れて、
この施設全体に満ちている不思議なほど濃密で豊かな静謐さに、
全身すっかり、浄化されるような思いでした。

これが我々(今回はお友達の河野さんご夫妻もいっしょです^^)
の泊まったすいかハウスの内観。この建物も名取さんがデザインされたそうです。
円筒形の大きな屋根の下は、風がよく通ってたいへん心地良かったです。
河野さんご夫妻が、ギターとオカリナですてきな演奏を披露してくださったりと、
楽しい場面がたくさんありました(^^)
b0109256_2143360.jpg

b0109256_2435444.jpgb0109256_2441022.jpg


すいかハウスには台所がついていて、
夕食と翌日のお昼は、みんなでつくって食べました。
b0109256_257549.jpg

b0109256_2583229.jpg

卓治さんと節子さんがこさえてくれたおいしいタイ料理の数々!
b0109256_2595610.jpg

b0109256_301990.jpg

次の日のお昼はさぬきうどんを食べました(笑)
b0109256_3134077.jpg


風景に溶け込むように、一日中気分よく過ごせる。
今度はもっと長い期間、ここに留まっていたいと思うような
魅力的な場所です。

母と子、プールをバックに記念撮影。
b0109256_737093.jpg

…。逆光です!(お約束)

もし機会があれば…、
(そういえば学生時代、多摩動物公園の飼育員のおじさんに
機会とは自分でつくるものだよと教えてもらったことがあったことを、
突然思い出しました。今。)
ぜひ機会をつくって、みなさんも
バーンロムサイのゲストハウスに、宿泊してみてくださいね(^^)


さて、次回の旅するチェンマイは、過去に戻って、
「サンカンペーン温泉編」をお届けします。
by pussy-pussy-na | 2009-09-07 08:13 | たっぷりチェンマイ!