<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハピネス吉永(1)

あばばばば。
あばばばば。
点子ちゃーん!

b0109256_1145657.jpg


アー、
ハー、
色々ありまして。
個人的なハナシですが、またしても我が家にねこがやってきました。
増えてます。
たんたんと増えてます。
まるで精神的欠乏を埋めるかのごとく!

フー。
前回の思わせぶりな予告ブログからかれこれ2週間経過。
み、みなさん、menpeiさん、すいません!!
それもこれもすべてはどうやら、
あばばばば。
ネコのベイビィは、
もう!
信じられないくらいかわいくて!!
アー、しかし。
これはもはや現実逃避としかいいようがない…。
そろそろ森から出ます。
リハビリ開始です!

あばばばば。
…はっ!
いけない!
言った先から!!

次回、本当に吉永編をお送りします。
(つづく)
by pussy-pussy-na | 2009-05-29 01:54 | 会えました〜

ツラナッテー!

b0109256_2357118.jpg


スー、、(息を吸い込む音)
こらー!!

という感じですが、すいませーん!
現在「来m」に向けて目下準備中です。
あ、「来m」というのは、
瀬戸内海を隔てたおとなりの、岡山県。
の、備前市吉永町に暮らす夫婦ユニット、
その名も「menpei」さん宅におじゃまするというプロジェクトです。
来る→menpei荘で、略して「来m」。
む!?
プシサイドとしては、「行m」もしくは「訪m」のほうが主観的にベターっすね!

語尾に、
「…っすね!」が、
最近のマイブームです。
(どうでもよい情報)

さてさて、そんなわけで本日のブログは、
ずっとお知らせしなくてはと気になっていた
アトリエ ツラナッテ」について。

b0109256_025483.jpg

名古屋の元気な2人組。
友人の彫刻家はしもとみおちゃんとシェフの茄藤あさこちゃん
アトリエ+レストランがこの5/2、名古屋にオープンしました!
その名は「アトリエ ツラナッテ」。

おーい、ツラナッテー!
おおーい、ツラツラナッテー!!(←こだま)

遠く高松の空の下にいても、ふたりの元気な声が聞こえてくるようです(^^)
このGWに、スタタタタターン!
と、勇み足で「来ツ」したいところでしたが、
あいにく四国ロードをスタスタしていたもので、いまだ「来ツ」かなわず。
わたくしの中で、砂漠で見たオアシスのように
日常の中に浮かんでは消える、ツラナッテ!
じょじょに虚像は大きく膨らみつつあります!
わー!一体どんなだい?ツラナッテ!!
「来ツ」デーがとってもたのしみなわたくしです(^^)
名古屋にお住まいの方も、そうでない方も、
「アトリエ ツラナッテ」にぜひ足を運んでみてくださいね。
ちなみにプシ珈琲にも、とても理解のあるふたり。
プシ珈琲、名古屋でも飲めます!
飲めまーす!!(←こだま)
以上、「アトリエツラナッテ」
どうぞよろしくお願いします(^^)

お願いしまっすね!

「アトリエ ツラナッテ」
名古屋市中村区鈍池町2-40
(tel)052-471-5085※完全予約制
営業日 火曜日〜土曜日
11:00-21:00
http://turanatte.com
by pussy-pussy-na | 2009-05-13 01:22 | きょうのできごと

われに五月を

b0109256_222638100.jpg

イントロダクション。
沈黙する5月病患者。

は、
はーい。
はいはい!
わたくしです。
…エルニーニョ現象の影響でしょうか、
今年は例年になく、5月という名の病が繰り上がりでやってきた模様。
ぽっかり空いた4月中旬から今日に至るまで。
パソコン海底二万里。
親愛なるMac君は、怠惰の深淵に導かれ、
暗やみの果てでしずかにしずかーに、スリープしておりました。
その間、持ち主である5月病患者は何をしていたか。
高松道。松山道。高知道。
四国中を、かけ回っておりました。
(中略)
そして、今朝。
朝露光る庭にいでて、
初夏の草むらの中にひとたば。
自身のパンタグリュエリヨン草を見つけた時。
はっ!
あらためて我は我が身を振り返るわけであります。
Look at own feet.
と。

ささ、
そんなわけで。
スタスタスタターン!
…毎度どうもごめんください。。
例によっていろいろと差し迫るお知らせもあるのですが、
今回は、その空白の一日。
松山編をさらりと記したいと思います。

4/29(祝)
当店の常設作家、菊池霧子さんに会いに行きました。
霧子さんは、愛媛の西。
保内町にアトリエを構えてらっしゃいます。
アトリエはみかん山の中腹。
みかんの花が咲いている!
一面いいにおいで、まるで桃源郷のようです。

お迎えしてくれたホクトさん。
b0109256_23553722.jpg

これが霧子さんの穴窯です。
灯油窯も使用されていますが、
年に1度は、穴窯での焼成をされるそうです。
b0109256_23442653.jpg

焼成の日を待つ薪の山。
全ておひとりでされています。
霧子さんの世界に横たわる静かで壮大なる大陸。
極地には光。
例えば、霧子さんが陶芸をしていないときでも、
彼女は、陶芸家であるような気がします。

b0109256_023650.jpg

作品をいくつか分けていただき、現在プシに展示中です。
どうぞお気軽にいらしてください(^^)

b0109256_0401062.jpg

b0109256_0393165.jpg

b0109256_0403351.jpg

そして、松山市内に移動して、
元医院である建物をつかって開催されていたイベント会場へ。
「LETTRE」絵と空間 誰かに伝えたいこと
4/24-4/29まで。6日間開催のイベントでした。
「でした」。
リアルタイムでご紹介するべき「でした」!
たびたび申し訳ないです。
自然体で魅力あふれる方々の均整のとれた呼吸。
心地よい音楽のなかにいるような、すてきな気分でした(^^)
なんと今回。
会場のカフェでプシ珈琲をつかっていただきました!
なんと、なんとです!
うれしくって涙がでます!!
カフェのオーナーさん(ご姉妹さま)は、
今後お店を(松山で)オープンされる予定だそうです。
もう松山が、親愛なる土地になることは間違いありません(^^)
また具体的詳細が分かったら、この場でインフォメーション
させていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

点と点。
意外なところで線でつながっていたりするんですね。
どんどんつながっていきますように〜!
豆もがんがん煎っていきたいです(^^)
by pussy-pussy-na | 2009-05-11 02:09 | 会えました〜