<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロールプレイングしてみる。

b0109256_14418100.jpg
おともだちに連れられて、
行ってきました留置所に。
まさか、自分は、潔白ですよ(^^)
たまには地元ネタを。
(あ、大抵地元ネタでした^^;)
坂出市の元町商店街のなかに、取り壊しの決定した旧坂出警察署があります。
その建物が取り壊される前に、独房展というアートプロジェクトが県内外のアーティストによって計画進行されているそうです。
展示期間は2/3〜2/25ということで、まだ準備段階だったのですけれども。

b0109256_26225.jpgb0109256_262131.jpgb0109256_27022.jpgb0109256_271519.jpgb0109256_273231.jpgb0109256_275577.jpgb0109256_28121.jpgb0109256_2113449.jpgb0109256_2115466.jpg

b0109256_214026.jpgb0109256_2141427.jpg










建物がかなり老朽化していて、
再建する以前の同潤会アパートのように、
古い建物特有の静謐さと品格を備えておりました。
で、やっぱり特筆すべきは独房。
留置所なので、さすがに背後に誰か立っているような気配はしなかったものの、
なんというか、建物自体から湧き上がる思念のようなものは濃密に感じました。
分厚い鉄のとびら、
とびらの横のあな、
鉄格子。
汲取式のトイレ。
フィクションがノンフィクションに。

そうだ!
おうちに帰ろう!
シチューを食べよう!!
こうして帰巣本能が目覚めるのでした(笑)

お近くにお住まいの方は、ぜひ独房体験してみてください♪
by pussy-pussy-na | 2007-01-28 03:01 | アートごと

せかいはたべきれないごちそう

b0109256_212183.jpg
先日11日からはじまりました!
プシプシーナこーひーこども工作室!!
どかーん!
ばりーん!
おおー!!

めりめりっ!
どわー!?

現実のこどもたちは軽く想像を超えてゆきます(^^)

初回からタマシイが半分抜けそうになり、
同時に忘れていた感覚が一気に蘇りました(笑)

b0109256_2136450.jpgb0109256_21362721.jpgb0109256_21364428.jpgb0109256_2137479.jpgb0109256_21393216.jpgb0109256_2139504.jpg


3さい〜5さいくらいのお子さんということで、
今回はぱらぱらえほんを教材にして、
色をぬったり、線を描いたり、切ったり、貼ったりしてみました。
はさみを使ったりするのはちょっと難しいかな、と思っていたのですが。
なんのなんの。
みんな、やるう!やるなあ☆
ポテンシャルは無限大♪
かなりのハナレ技だって出来そうです!
わーわー♪楽しみ!!
次回はもっとアクロバティックな教材を考えています(^^)
基本的にブルーシートで室内を海のようにしておきます(笑)
どうぞご期待ください☆
そしてゆくゆくは、
わたしもこどもパワーを吸収して若返ります☆
のが、夢(野望)ですっ!!

こども工作室は毎月2回(第2、第4木曜日15:00〜)実施しております。
随時受講者募集中です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
by pussy-pussy-na | 2007-01-14 22:31 | アートごと

そこのドリッパーに告ぐ

b0109256_12553746.jpg
うーむ。
油断すると未だにお正月さんが大手を振って歩いてきます。
くわああ!
働くぞー!!
というわけで、
比較的まじめに(!)抽出のおハナシをしたいと思います(^^)
今回はペーパードリップ編です。


コーヒーをおいしく飲むために、意外と重要で盲点なのが抽出です。
家でたてて飲んでみたけれど、店で飲むほどおいしくないなあ。
というお客さまの声もちらほら耳にします。
そうなんです!
コーヒーってああ見えて、ほんとうにデリケートなんです(^^;)
まず、おおいに味に影響してくるもの。
・お湯の温度←熱湯は×。適温は82〜3℃、一度沸騰させて冷まします。
・粉の状態(挽き具合)←抽出器具にあった細さで。
・タイミング←アンダンテ・カンタービレでお願いします♪
・抽出器具
・水←コーヒーには軟水が向いています。日本なのでクリア。浄水すればなおよし!
と、大きくみてもこの5つは考えられます。
が、
すべてを専門的に解釈して究極の一杯を目指す!
という事態は、みなさんの日常において通常なかなかありえないことだと思います。
一番重要なのは、気持ち。
たかがコーヒー、されどコーヒー。
コーヒーは感情が表れやすい飲み物です。
ずばり!
愛なんですっ!!!

しーん!
まあそういうわけで上記をメモっていただいて、
特にペーパー用ドリッパーについて書きたいと思います(^^)

b0109256_15293258.jpgb0109256_15323416.jpg

大抵のご家庭の食器棚をごそごそやって出てくるのが、
上のカリタ製の3つ穴ドリッパーです。
おそらく全国的に普及率No,1でしょう。
次に目にするのが下のメリタ製1つ穴です。
(自宅で酷使している為、汚れがひどくてすみません)
この中間に2つ穴ドリッパーもありますが、どうもマイノリティなようです。
この、穴の数の違いで味にもかなり違いが生じます。
カリタの場合、(濃度調節のハバは広いですが、)比較的さっぱりした味わいになります。
なおかつ、焙煎してから日が経った豆を気持ち熱めでさーっといれるとほかのドリッパーに比べ、それなりにおいしく飲めます!
メリタはその対局で、ぬるめでじっくりたてるとBody(コク、粘性)の強い味わいを楽しむことができます。
いずれもお湯を溜めて抽出するタイプの台形型ドリッパーです。

b0109256_16173066.jpg
つぎにご紹介するのは、
お湯を中心に集めることで粉全体にお湯を浸透させて抽出するタイプの
円錐型ドリッパーです。
コーヒー専門店などで、広く定着しています。
(ちなみにプシのコーヒーもすべて円錐型(コーノ式)で抽出しております)
このドリッパーの最大の特徴は、
空気の抜けが良く蒸らしが効きやすい。
というところにあります。

雑味がなく、非常に豆そのものの味が分かりやすい味になります。
原理が似ているためネルドリップに近い味わいです。
ネルはどなたでもすぐにおいしくたてることが出来るのですが、
ネル自体の管理が少々めんどうでもあります。
そういう部分も含めて円錐形ドリッパーはおすすめです(^^)
年末、ドリッパー売り場に風が吹いていたのですが、
このたびふたたび入荷いたしました!

b0109256_16572274.jpg
で、ついでに
コットンペーパーなるものも入荷してみました!
通常のペーパーと比べてみたところ、
とってもまろやか♪
ますます、ネルドリップです(^^)
ちなみに円錐型用ペーパーは、
ケメックスにもお使いになれます。
あ、ケメックスについては、いずれまた書く予定です。

抽出器具の違いも知って、臨機応変に使い分けるとコーヒーの世界はますます深まっていくと思います。
ぜひいろいろ試して飲んでみて、
自分の味を開拓してみてくださいね〜(^^)
で、かならず最後に愛は勝つ!

うむ。満足(笑)
by pussy-pussy-na | 2007-01-08 17:24 | 珈琲ごと

2007年元旦。

b0109256_21481225.jpg
あけましておめでとうございます(^^)
みなさん、お正月いかがお過ごしですか?
プシも休みに入り、
大掃除も、年越しも、新年の挨拶も
それなりに終わらせ、
じょじょにカラダが2007年に馴染むのを
待っているような、
非常にぼーっとした状態で、
ただいまこれを書いております。
なんだか周辺にある、
目に見えない浮遊体が心地良く。
ああ、よかった。

どうやら無事、わたしのもとにもお正月さんはやって来られたようです。

ええ、ええ。
そんなわけで今日、徳島の祖母のうちに挨拶に行った帰り道、
ひさびさに「大菩薩峠」に寄りました。

b0109256_22174487.jpgb0109256_2218894.jpgb0109256_2223411.jpgb0109256_22235914.jpgb0109256_2225028.jpgb0109256_22252011.jpg


この「大菩薩峠」とはかれこれもう30年以上も前から
ひとりの男性の手によって建造されつづけている喫茶店です。
はじめてここを訪れたのは、
幼稚園に上がるか上がらないかくらいの年齢で、
そのころ受けた鮮烈な記憶が、
いまもなお自分の中に生きております。
建造し続けるそのエネルギー。
根底から沸き上がる熱湯に近い衝動。
とてもよくわかります。
とてもよくわかります。
しっかり大地を踏みしめて、まじめに歩んで行こうと思います。
そんなわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
by pussy-pussy-na | 2007-01-01 22:53 | きょうのできごと