カテゴリ:会えました〜( 11 )

スリールさん

b0109256_024840.jpg

b0109256_0314.jpg

b0109256_02583.jpg

「日本の切手は、オイシイ!」

…あ、今、
ピーター・フランクルさんが遥かむかしに、ラジオか何かでそう言っていたのを
突然思い出しました!
(回想)
「世界中、僕は行く先々の国で切手の裏をなめたけれど、
日本ほどオイシイと感じた国は、未だかつてないよ!
日本の切手は、オイシイ!」

おらも、同感でごわす!


みなさん、こんにちはこんばんは。
あっという間に霜降る月、
11月になりましたね。
ふっ、ノーベンバー。

ふっ、冒頭の切手の話は、
言わばどうでもいいのです。
また随分久しぶりのブログなもので、どうもごめんください。

今日はオイシイ!ケーキのお店をご紹介したいと思います。

先月26日にオープンしたばかりのsourire(スリール)さん。
場所は高松市の上福岡町にあります。
パリの一画を切り取ったような佇まい。
青いドアを開けると、オーナー姉妹が笑顔で出迎えてくれます。
ショーケースに並んだ色とりどりのケーキは、
テイクアウトもイートインも出来ます。

スリールさんのケーキは実に、潔いのです。
気取らず、真面目で、親切且つ丁寧で、ほがらか。
一口食べたその日から、
私はすっかり虜になってしまいました。
普段おやつといえば
どちらかというと(酒のつまみのような)乾きもの類ばかり好む私。
そのオジサン舌の上を、
スリールさんのカスタードは
こんにちは、今日も御機嫌ようと
いとも軽やかにするりと通り抜けていったのであった。
未だかつてない、
さわやかな余韻。
もう一度、
一目彼女(マドモワゼール)に会いたい!
こうしてオジサン舌の主は御代わりの深淵を知るのである。


人生に楽しみがまたひとつ増えました。
みなさんに知って欲しい、素敵なお店です。
ぜひ、可憐なケーキの世界に足を運んでみてください。


b0109256_03499.jpg

b0109256_03796.jpg


cake・焼菓子&喫茶店 スリール
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日
〒760-0077
香川県高松市上福岡町1202-3
TEL/FAX:087-813-4563
http://www.sourire-web.com
by pussy-pussy-na | 2012-11-06 06:20 | 会えました〜

パーマカルチャー入門その2

b0109256_4455862.jpg

あーす農場は、基本的に独立型自給自足農家なので、
敷地内で生活に関わる必要最低限の資源はほとんどまかなえるようになっています。
例えばこれは、山の水を利用した水力発電。

b0109256_4454662.jpg

これは、バイオガスプラント。
動物や人の糞を発酵させてメタンガスを発生させ、
ガス燃料として使用します。

b0109256_4455015.jpg

この袋にガスがたまります。
夏場は発酵が進むので、大量にたまるそうです。

b0109256_4461450.jpg

b0109256_4461296.jpg

(↑バイオガス点火中。)

敷地内には鶏やヤギもいます。
ヤギは乳をとり、加工食品に使います。(たぶん)
b0109256_4453958.jpg

↓ともえさん。(だと思う)
b0109256_4454295.jpg


鶏舎。
b0109256_4454481.jpg

↓中に入れてもらいました。
全然匂わない、鶏舎!
飼料は、ぬかやくず小麦を発酵させたものだそうですが、
味噌に似た良い香りがします。
b0109256_4454987.jpg


烏骨鶏小屋。
b0109256_4554780.jpg

あーす農場は米と野菜も育てています。
米は農薬を使わず、手植えをするそうです。
田んぼの水がすごく澄んでいて、
ホタルの主食だというタニシがびっしりいました。
夏になると、あーす農場にはホタルがわんさと飛ぶそうです。
タニシ(か、ホタル)の生態を研究している大学の教授もよく訪ねてくるそうです。
↓これがタニシ。
b0109256_4455549.jpg

また、あーす農場には石釜のパン工房くらんぼんがあります。
週に1回くらいのペースで焼いて、
全国に発送販売もしています。
(お問い合わせ:あーす農場・パン工房くらんぼん TEL/FAX 079-675-2959)
b0109256_446567.jpg

わたしも後日、くらんぼんのパンを送っていただきました。
ずっしりどっしりした、天然酵母のパン。
まずその迫力に、うれしくなってしまいます。
素材の良さが反映された、味わい深く、大変美味しいパンです!
(コーヒーはもちろん、なんと味噌汁にもよく合うあじわいです。)
b0109256_4465215.jpg


敷地内の建物は、やはりそのほとんどが
セルフビルドだそうで、図書室などの文化的施設もあります。
b0109256_446745.jpg

b0109256_446817.jpg


以上、
一通りあーす農場内を大森ファミリーのお父様、昌也さんに案内していただきました。
(ざっくりしててスミマセン…!)

今回は残念ながら、
ほんの数時間しか滞在できなかったのですが、
まるちゃん一家ならび、大森ファミリーの前途には、
資本主義国家の将来に横たわる暗澹たる不安の影のようなものを
軽く打破する光が、まぶしく満ちあふれているように感じました。
この上なく、率直で美しい暮らし。
それが自給自足。
滞在中、はっと気が付きました。
頑なまでにまっすぐな百姓の生活、
これはまるでロックだ…!
自給自足は、非常に説得力のあるカウンターカルチャーだったんだっ!
晩秋の西日に包まれておだやかに微笑む、まるちゃん一家と大森さん。
わたしは何か、次第にロックスターと対峙しているような
胸の高鳴りを覚えました。
大きい。
まるちゃんって、大森さんって、大きいな。

これからも、ここへは足繁く訪れるであろうと予感しました。

まるちゃんは、時々地元で開かれるイベントなどに、
「まるかくKOBO」名義で出店したりしています。
またあーす農場は、百姓体験などの受け入れもしているそうです。
もし、機会があればみなさんもぜひ、
自給自足という名の一連のロックに身を委ねてみてください。

「あーす農場」
〒669-5238
兵庫県朝来市和田山町朝日767-2
TEL/FAX 079-675-2959

「まるかくKOBO」
兵庫県朝来市和田山町朝日591
TEL/FAX 079-670-0585
by pussy-pussy-na | 2011-12-22 23:28 | 会えました〜

パーマカルチャー入門その1

b0109256_23281374.jpg

視界の先に南極大陸。

正確には、
平成18年に国土地理院が発行した南極大陸の地図。
これはいまから4年前、
気象庁まで現業室見学に来ている小学生の群れに
(たまたま)混じって、手にすることが出来たものです。
当時、空前の南極ブームが到来していたわたくし。
お台場に停泊展示中の初代南極観測船「宗谷」からはしごしての気象庁。
思いがけず、しばしこの南極大陸図を眺めては、
閃光のごとき昂奮を覚えたものです。
(順次抜かりなく、保存用と観賞用の2枚ゲットしました!)
こうして自室の机の正面、
一番目立つところに地図を貼付けたことで
朝な夕な、いつでも南極を意識する生活が保証されました。
ところが、
来年この生活体系にさらなるイノベーションが起ころうとしています。
それもこれも、兵庫県朝来市に出掛けてからというもの。

2012年元日。
南極大陸の隣には、
雲海を従えた威風堂々たる竹田城(のカレンダー)がお目見えします!
ババババーン!!
(↑ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」)


ハーイ!
みなさん、こんにちはこんばんは。
春の底に寝そべっているような、
不思議にあたたかくおだやかな11 月の残影。
我に返れば、寒風吹きすさぶ12月。
すっかりまた間が空いてしまい、どうもごめんください。
11月は、あちこち動き回っておりました。
相変わらず(サボってしまった分)、
いろいろとこう、
迫り来るイベントのお知らせが溜まってきているのですが、
切羽詰まらないと動かない性分!
これは良い経験をしたので書こう〜書こう〜と思っていた
11月のある日について、今回は先に書いてしまおうと思います。
(長文な上、写真多めな予感!)

11月某日。
最近、兵庫県朝来市に岩手から家族で移住した友人宅をたずねてまいりました。
その友人の名は、まるちゃん。
以前3月の震災直後にもこちらのブログでご紹介いたしました。
あれから9ヶ月。
現在、まるちゃんは兵庫県朝来市の新しいお家で
また1から自給自足の生活をはじめています。
新しいお家、の大家さんは、
その道では大変有名な自給自足ファミリー
「あーす農場」の大森さんです。

早朝、高速に飛び乗って、
まるちゃん宅のある兵庫県朝来市を目指しました。
6時に高松を出発して、
10時にはもう朝来市付近まで着いていたでしょうか。
まるちゃん宅は随分山の上の方にあると聞いていたので、
先にかねてから寄りたいと思っていた、
竹田城に行くことになりました。
そう、冒頭で散々騒いだ竹田城です!

b0109256_0523314.jpg

(↑これが竹田城。まさに日本のマチュピチュ!)

「日本のマチュピチュ!」
「天空の城!」
等と1人で盛り上がっているわたくしを、
車内では同行者一同完全スルーしていましたが、
現地に着いたとたん、
それが真実であることを誰も否定しませんでした!
友人Aは、
あまりの壮観に、
写真では追いつかず、動画を取ってしまったそうです(笑)
11月は雲海のシーズンなので、
竹田城的にはハイシーズン。
朝早くから観光客が続々と押し寄せていて、
どこを撮っても瀧本幹也さん。な、情景にウットリしました。
みなさんもぜひいつか、足を運んでみてください。
日本のマチュピチュにっ!

さて、上気した頬で山へ山へと向かいます。
携帯の電波は入りにくくなり、
途中、道を間違えてあり得ない薮の中を右往左往した挙げ句、
辿り着いたまるちゃんのお家!

b0109256_2421994.jpg


この建物は、あーす農場の研修生だった方が
セルフビルドされたそうです。
建物の横には沢が流れ、
畑では野菜がすくすく育ち、
洗濯物がはためき、
こども達(あーす農場3代目)も、突然の客人をアグレッシブに歓迎してくれました。
まるちゃんはここに引っ越してきてまだ2ヶ月と
間もないにも関わらず、もう随分前から
この土地に根を張り、暮らしているような落ち着き。
さすが、まるちゃんです。

早速まるちゃんがお昼ごはんをご馳走してくれることになりました。
かまどですべての調理をします。
薪のはぜる音と良い香りが台所中に広がります。
まるちゃんは、火の扱いも手慣れたもの。
流れるような動作で、あっという間に食卓がととのいました。

b0109256_302041.jpg

b0109256_302794.jpg

b0109256_310328.jpg


ひじきとジャガイモのコロッケ。
塩麹をドレッシングにした海藻サラダ。
小松菜の炒めもの。
自家製味噌のお味噌汁に玄米ごはん。
などなど。
まるちゃんの料理の腕は、
(上京当時の)下宿時代からよく存じておりますが、
それはそれは泣いちゃうほど美味しいのです!
自給自足の道に入って、より深まりけり!
ああ、しみじみと美味しい…!
思い出したら、すぐにでもまるちゃん宅に走りたくなります!
美味しいものを食べられるということは、
今生において至上の幸福であります。

昼食後、あーす農場とあさって農場(大森家の次男さんの農場)に
案内してもらいました。
まずはお隣のあさって農場。

b0109256_3345423.jpg


建物は基本的にすべてセルフビルド。
次男のげんさんと奥さん梨紗子さんは、土地を開墾するところからはじめたそうです!
山の木々で養蜂したはちみつや、玄米などを販売しています。

b0109256_3345851.jpg

↑あさって農場の看板犬。

b0109256_3351428.jpg

b0109256_335832.jpg

↑ロケーションを大いに活用して遊ぶこどもたち。

b0109256_335360.jpg

↑梨紗子さんは、美大出身で画を描いておられます。
すてきなアトリエも拝見しました!

まさに、晴耕雨読。
なんて豊かで、理想的な生活なんだろう。

次は「あーす農場」へまいります。

b0109256_440299.jpg

(…と、思ったけれど画像が多すぎて添付できなくなったので、)
パーマカルチャー入門その2につづく→
by pussy-pussy-na | 2011-12-14 06:00 | 会えました〜

つむぎちゃん

b0109256_23165984.jpg

去る10月10日、体育の日。
早朝、
何気なくカレンダーを眺めていると
「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」
それが体育の日の趣旨です!
というインフォメーションに導かれる。

ふと玄関を見やると、
我が家では躁鬱の犬としてポピュラーなフクちゃんと目が合う。
黒目がちの目でじつとこちらを見ている。
フクちゃんは、散歩の際には専ら躁であるからして、シンプルに可愛らしい。
普段猫とばかり懇意にしているから、たまにはワンちゃんとも。
軽い気持ちで靴を履き、出掛けたのが
ハードな筋力強化月間の始まり。

躁なフクちゃんは、行きつけの山、海、川、林、薮、森、空き地、公園、住宅街、
どこまでもどこまでも、陽気にナビゲートしてくださる。
わたしはただ付いていくだけでいいのです。
「ばあや、今日は3時間コースぞな。」
おっとりと振り返り、黒目がちな目でやさしく瞬きするフクちゃん。
「はい、心得ております。おじょうさま」

秋晴れの高き空の下、
カントリーロードを行脚する。
幼少時代、慣れ親しみ、走り回ったはずのこの土地。
まだまだ知らないこと、知らない場所がたくさん。
高台のみかん畑から眼下に広がる海を眺めた時、
目線の高さが変わった分、この街の見え方も随分変わったことに気が付く。
「おじょうさま。今日は、たのしい一日をどうもありがとう」
おっとりと振り返り、黒目がちな目でやさしく瞬きするフクちゃん。
「どういたしまして。お望みならば明日も明後日も明々後日も
きっとたのしく過ごせるはずよ!」
熱烈なウインク。

こうして、
「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」
試みは今日までに至っているのであります。

みなさん、こんにちはこんばんは!
OMG!そんなわけでもう10月も末でございます。
いろいろと書くべきことはあったはずなのになあ〜。
(人間は習慣の生き物です。)
さて、先ほどから長々と書いてしまいましたが
この散歩道の途上に、すこぶる素敵なお店ができましたのでお知らせいたします。
お店の名前は、「つむぎ」さん。
玄米菜食、オーガニック料理のお店です。
(ここでわたしは、あえて最上級の親しみを込めて「つむぎちゃん」と呼びたい)

b0109256_0414270.jpg

b0109256_0415121.jpg
b0109256_0414846.jpg


つむぎちゃんが自宅から徒歩圏内にあるということは、
当然つむぎちゃんの店主さんも顔馴染みのご近所さんです。
まさか徒歩で通える美味しいお店が、この界隈に出来るとは!
夢のようです。
オープン間もなく、嬉々としてお伺いしました。
夢ではありませんでした。
さらに素晴らしいことに、
つむぎちゃんの扉を開けて、椅子に腰掛けたとたん、
ここがわたしにとって夢にまで見た安息の地になるであろうと、
確信しました。
ご近所に、好ましいお店ができるほどうれしいことってありません。

つむぎちゃんは、何もかも丁寧。
お料理にも空間にも、すべてに、
隅々まで神経が通っている。
無駄なものは何も無く、
深く深く潜っていけるような場所。
同じくお店をしているものとして、
つむぎちゃんの、ある光を目指してまっすぐ進んでいくような姿勢に、
いたく感激いたしました。
これはわたしの理想でもあります。

それが犬でも、猫でも、人間でも、
何となく苦しい時、悲しい時、
回復するために、
自身を勇気づけるために
訪ねていける場所があるって、
本当にいいものなんだなあ〜。
(あ、もちろん、元気な時にも足繁く通います。)

とにかくみなさん、
すぐにでも、つむぎちゃんを訪ねてみてください。
本当は教えたくない、そんなお店です(^^)
どうぞよろしくお願いします。

b0109256_0415617.jpg

b0109256_0415947.jpg


玄米菜食・オーガニック料理 つむぎ
営業時間:11時30分〜16時30分
定休日:土・日・祝日と第一金曜日
駐車場あり(6台)
〒761-8002
香川県高松市生島町606-6
TEL/FAX:087-842-7633
http://tsumugi-ai.com
by pussy-pussy-na | 2011-10-28 02:08 | 会えました〜

Fun-deeさん

b0109256_22534231.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
寒さが深まってきましたね。
首にはマフラーをぐるぐる巻きにし、
手近な卓上にはあたたか〜い、相生晩茶OK。
布団から頭だけ出して、ブログを書き始めようとしています。
あとは愛猫じみ待ち。
…あ!
3・2・1、
ゼロ!
ネコOK!
背中に無事ドッキング、
スタンバイ完了です!!

…さて。
温まったところで、
ずっと以前よりご紹介しなければと
思っていたFun-dee(ふぁんでぃ)さんを
今日こそはご紹介します!
Fun-deeさんは、
今年10月10日に高松市の香西本町に
オープンされたリラクゼーションのお店です。
お店には、
・フット&オイルマッサージ&タイ古式マッサージのコーナー
・雑貨コーナー
・カフェコーナー
の3つのコーナーがあります。
オーナーの里美さんとは、
以前より(自宅が)ご近所さん同士だったこともあり、
彼女がいつかお店をしたいというお話を聞いたところから
物件探し、雑貨の買い付け、店舗づくり、
そして開業に至るまで。
ひとつの夢が、
ゆっくりじょじょに大きくなって、
しっかりと根を張りのびていく様子を
ずっと側でちらちら目撃していたものですから。
初めて
彼女のお店にお邪魔した時、
私の胸中は、静かにわきあがってくる
じんわり温かい感動でいっぱいになりました!
まさに、この一歩は…、
この一歩は、
偉大な飛躍なんだなあ…と。

先日のお休みに、
人生初のマッサージを里美さんにお願いしました。
タイのチェンマイで習得された古式マッサージです。
心地よい、まどろみの中で、
心身に堆積していた疲れのようなものが
まばゆい光を放ちながら、
ぶるぶるとお空に上っていきました!
すぐに、
Fun-deeさんは
私にとってかけがえのない場所になりました!

カフェコーナーでは、
里美さんのお手製の美味しいハーブティーや、
当店のコーヒーもお取り扱いいただいています。
スパイシーでさわやかな、ハーブたっぷりのスイーツも
ご一緒にぜひ召し上がってみてください(^^)
やみつきになる美味しさです!!
b0109256_237139.jpg

b0109256_2373261.jpg

雑貨コーナーでは、
チェンマイからやってきた雑貨がずらりと並んでいます。
ヌムヌアンさんの刺繍バックも
Fun-deeさんオリジナルのものでハーブの刺繍がとてもすてきです!
(ヌムヌアンさんはプシも大変お世話になりました。
また後日ブログを書きます^^)

b0109256_2392172.jpg

Fun-deeさんにいると、
まるでチェンマイにいるような気分になります。
のんびりおだやかで、優しい時間が流れていきます。
みなさんも、ぜひこの年末に
Fun-deeさんで
一年の堆積をお空にかえしてみてくださいね(^^)

b0109256_1552191.jpg


Fun-dee(ふぁんでぃ)
香川県高松市香西本町405-1
TEL090-5710-3491
OPEN午前9時-12時
お昼休みのち  
午後13時-17時30分(土曜日は16時閉店) 
月曜日午前中定休・木曜日定休
mail:k_sato3421@yahoo.co.jp
※マッサージは予約制で女性のみです。
by pussy-pussy-na | 2010-12-12 01:56 | 会えました〜

ROSAさん

b0109256_0334221.jpg

同時代性について思うこと、しばしば。
それというのも、こないだ流水プールに行ったせいでしょうか。

こども、こども、家族連れ。またはおじいさん。
色彩があふれたプールにて、
今年こそは何としてでも泳げるようになりたい!
意を決して飛び込んでからの2時間強。
人口密度の高い流水プールというのは、
環状のベルトコンベアーに似ています。
わたしはこどもの集団とともに、
泳ぐでもなく、溺れるでもなく、
何か激しくもどかしい衝動をかかえたまま回り続ける。
ただひたすら一定の方向へ、ぐるぐると。
しだいに、
自分という存在がじわじわプールに溶け出して、
ひとつの大きな球体の一部になってしまった。
ような、錯覚に陥りました。
球体の中で、相変わらず世界は回り続け、
回ることにモウレツに飽きているのですけれども、
なかなか脱出しようとしない。
この漠然とした安心は、
一体どこから来るのだろう。

b0109256_0344890.jpg

さ、そんなわけで、
大変長らくお待たせいたしました。
今回は松山の雑貨屋さん、ROSAさんをご紹介します。
え、冒頭のやや長文。
面倒だったらスルーしてくださいね☆(今さら)
b0109256_22235676.jpg

人生には時々、とてもすてきな偶然があります。

手のひらに乗るほどの子猫って、どんなもんだろうと思いながら家路に着くと、
玄関で待っていたり。
切符を買おう、ああ、あと130円足りない。と思って何気なく
ポケットに手をつっこんだら、ぴったり130円出てきたり。
バナナが食べたいなと思いながら歩いていると、
薄紙にくるまれて、道に落ちていたり。
道に
落ちていたり。

ROSAさんとの出会いは、
まさにそんな偶然が結晶化して目の前に現れたのだと、
わたしは勝手に思い込んでいます。
常日頃からある対象に向かって
すきだーすきだーと意識を傾けていると、
ある日思いがけず、
天から頭上に落下してくるような。
これをわたしは、
「スキダーの法則」と呼んでいます☆
(しょーもなー)

以前、ROSAさんに贈り物をいただきました。
静謐で、美しい佇まい。
包みを解くということは、至上にわくわくすることだと、
その時あらためて感じたものでした。

b0109256_0475553.jpg


どこか控えめで主張しすぎない、それでいて芯はしっかりとしていて役に立つもの。
誰かのいつもの生活に溶け込んでいきますように。

ああ。
いいなあ〜!
スキダー!!

いただいた砥部焼でお茶を飲むと、
一層あたたかいものが、からだに染み込んでいくようです(^^)

b0109256_171879.jpg

今回、ROSAさんをイメージして
オリジナルのブレンドをつくりました。

コーヒーのあるくらし。
誰かの日常の中に溶け込んでいくということは、
この上なく、すばらしいことだと思います。
「ROSAブレンド」はROSAさんにてお取り扱い中です。
ご賞味いただけたらうれしいです(^^)

松山にお住まいの方も、そうでない方も、
ぜひROSAさんに足を運んでみてください。
どうぞよろしくお願いいたします☆

b0109256_264693.jpg

ROSA(ロサ)
〒790-0003
愛媛県松山市三番町6丁目5-19扶桑ビル1階北
TEL/FAX 089-993-5608
OPEN11時-18時
月・火定休
mail:info@rosa-shop.com
by pussy-pussy-na | 2009-08-20 02:24 | 会えました〜

ハピネス吉永(2)

b0109256_22123053.jpg

先日、5月の末。
ひそやかに(?)松本に行ってきました。
菓子木型をご指南いただいている市原師匠が、
この度松本クラフトフェアー(略して松クラ)に審査通過し、
出店することになったので、お供についていきました。
ワンワン!
キーキー!
クエックエッ!
…。
サイトシーイング目的みたいだけど、
ち、ちがうんだワン!
人生何事もお勉強であります。
しかし松クラの報告はまた次回!
前も後ろもひっぱりすぎ!
困ってしまってワンワンワワーン!
キーキーキキーン!
クエクエクエーン!
(↑相乗効果)

さ、
では、つづきです。
これはもう、
かれこれ3週間前のお話。
お隣の岡山県は備前市、
吉永町に暮らしているmenpeiさんご夫婦のお宅に出張カフェに行ってきました!
おくさんは木綿子さん(通称もめさん)、
だんなさんは耕平さん(通称(?)コーヘイさん)。
ふたり合わせて、men(綿)+pei(平)、
「menpei」さん!と、発します。
もともとシティーボーイ、シティーガールだったふたりは、
結婚就職諸々を機に、緑豊かな吉永町に着地。
「吉永に暮らすこと」という冊子を発行したり、
自分たちの農園をつくったりと、
活発に吉永での暮らしをエンジョイしておられます。
いわゆる、田舎暮らし。
それもただの田舎ではなく、
豊かな自然が共にある田舎暮らし、というもの。
自分とほぼ同世代のふたりは、一体どんな暮らしをしているんだろう。
以前から非常に興味があり、
この度念願かなっての「来m」となりました。

b0109256_074268.jpg

そうそう、menpei荘への道すがら、
閑谷学校にも立ち寄りました。
これがまたすばらしいロケーション。
文化の奥深さに懐の広さを感じます。

b0109256_0243619.jpg

そして、やってきましたmenpei荘。
吉永町全体が陽気であふれているような土地です。
とても気持ちのいいところ!

b0109256_0271180.jpg

県内外からmenpeiさんがたくさんのお友達を呼んでくれました。
びっくりうれしいお出迎えもありました。
岡山在住のアーティスト、三宅航太郎さん
「ようこそよしながへ」と書かれたプラカードを持って登場!
b0109256_038611.jpg

b0109256_0393342.jpg

↑これは迎えに行けなかった人に配られるカード。
むむむ、できる!
アートには、エンターテインメント要素が不可欠であります(笑)

b0109256_1251595.jpg

↑menpei荘の談話室に気になるマシーン。
これ、ペレットストーブ(通称ペレットさん)といいます。
木質ペレットというおがくずなどを圧縮した固形燃料を用います。
化石燃料を使わないことで温暖化対策にも配慮したペレットさん。
もめさんのパンだって付属のオーブンで焼けちゃうペレットさん。
寡黙で、うつくしい佇まいのペレットさん。
一家に一台、ペレットさん!
ペレットさんは、menpei荘のシンボル的存在でした(^^)

当日はあいにくの雨。
もし晴れていれば自転車を借りて吉永散策に出かけよう、
なんて話しも出ていたのですが、
大阪から再来mした田尻さんが熱唱ライブを披露してくれたり、
ご近所さんが差し入れを持ってきてくれたりと、
インドアでもにぎやかなmenpei荘でした!
(画像、ほとんど撮れてなくてごめんください。。)

b0109256_1105688.jpg

わたしも今回、menpei荘の庭をお借りして、
青空手網焙煎講座に挑戦してみました。

b0109256_1134281.jpg

マニアの世界へようこそ(笑)
静かに激しい手網焙煎。
(…分かりやすく言えば、地味な上しんどい。)
みなさん根気よくたのしんでくださいました(^^)
今回のmenpei荘での経験を経て、
一握の手応えを感じることができました!(…手網焙煎に。)
この講座、プシでも今後定期的にやっていけたらいいなと思います。
以上、今回の来mを簡単におさらいしてみましたが、
本当に簡単ですみません(^^;)

吉永町、うっかり移住したくなるほどいいところです(^^)
いいところは、人を呼びます。
menpei荘は、そんな拠点になっていくのでしょう。
そして吉永の大地にしっかり根を張って、
いつしか「ハピネス吉永」と呼ばれるのだらうか!
menpeiさんの今後の暮らしぶり、
これからも大いにたのしみにしています。
またお会いしましょう!
by pussy-pussy-na | 2009-06-04 02:43 | 会えました〜

ハピネス吉永(1)

あばばばば。
あばばばば。
点子ちゃーん!

b0109256_1145657.jpg


アー、
ハー、
色々ありまして。
個人的なハナシですが、またしても我が家にねこがやってきました。
増えてます。
たんたんと増えてます。
まるで精神的欠乏を埋めるかのごとく!

フー。
前回の思わせぶりな予告ブログからかれこれ2週間経過。
み、みなさん、menpeiさん、すいません!!
それもこれもすべてはどうやら、
あばばばば。
ネコのベイビィは、
もう!
信じられないくらいかわいくて!!
アー、しかし。
これはもはや現実逃避としかいいようがない…。
そろそろ森から出ます。
リハビリ開始です!

あばばばば。
…はっ!
いけない!
言った先から!!

次回、本当に吉永編をお送りします。
(つづく)
by pussy-pussy-na | 2009-05-29 01:54 | 会えました〜

われに五月を

b0109256_222638100.jpg

イントロダクション。
沈黙する5月病患者。

は、
はーい。
はいはい!
わたくしです。
…エルニーニョ現象の影響でしょうか、
今年は例年になく、5月という名の病が繰り上がりでやってきた模様。
ぽっかり空いた4月中旬から今日に至るまで。
パソコン海底二万里。
親愛なるMac君は、怠惰の深淵に導かれ、
暗やみの果てでしずかにしずかーに、スリープしておりました。
その間、持ち主である5月病患者は何をしていたか。
高松道。松山道。高知道。
四国中を、かけ回っておりました。
(中略)
そして、今朝。
朝露光る庭にいでて、
初夏の草むらの中にひとたば。
自身のパンタグリュエリヨン草を見つけた時。
はっ!
あらためて我は我が身を振り返るわけであります。
Look at own feet.
と。

ささ、
そんなわけで。
スタスタスタターン!
…毎度どうもごめんください。。
例によっていろいろと差し迫るお知らせもあるのですが、
今回は、その空白の一日。
松山編をさらりと記したいと思います。

4/29(祝)
当店の常設作家、菊池霧子さんに会いに行きました。
霧子さんは、愛媛の西。
保内町にアトリエを構えてらっしゃいます。
アトリエはみかん山の中腹。
みかんの花が咲いている!
一面いいにおいで、まるで桃源郷のようです。

お迎えしてくれたホクトさん。
b0109256_23553722.jpg

これが霧子さんの穴窯です。
灯油窯も使用されていますが、
年に1度は、穴窯での焼成をされるそうです。
b0109256_23442653.jpg

焼成の日を待つ薪の山。
全ておひとりでされています。
霧子さんの世界に横たわる静かで壮大なる大陸。
極地には光。
例えば、霧子さんが陶芸をしていないときでも、
彼女は、陶芸家であるような気がします。

b0109256_023650.jpg

作品をいくつか分けていただき、現在プシに展示中です。
どうぞお気軽にいらしてください(^^)

b0109256_0401062.jpg

b0109256_0393165.jpg

b0109256_0403351.jpg

そして、松山市内に移動して、
元医院である建物をつかって開催されていたイベント会場へ。
「LETTRE」絵と空間 誰かに伝えたいこと
4/24-4/29まで。6日間開催のイベントでした。
「でした」。
リアルタイムでご紹介するべき「でした」!
たびたび申し訳ないです。
自然体で魅力あふれる方々の均整のとれた呼吸。
心地よい音楽のなかにいるような、すてきな気分でした(^^)
なんと今回。
会場のカフェでプシ珈琲をつかっていただきました!
なんと、なんとです!
うれしくって涙がでます!!
カフェのオーナーさん(ご姉妹さま)は、
今後お店を(松山で)オープンされる予定だそうです。
もう松山が、親愛なる土地になることは間違いありません(^^)
また具体的詳細が分かったら、この場でインフォメーション
させていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

点と点。
意外なところで線でつながっていたりするんですね。
どんどんつながっていきますように〜!
豆もがんがん煎っていきたいです(^^)
by pussy-pussy-na | 2009-05-11 02:09 | 会えました〜

高松にタムくんあらわる!

b0109256_01329.jpg

b0109256_0134371.jpg

またまたハナシは5月にさかのぼります。
先月の28日から、高松のガレリアミーシャ
(http://www.galleriamicia.com)にて
タイ人アーティスト、ウィスット・ポンニミットさん(愛称タムくん)
の個展がはじまりました!
オープニングに、なんとタムくん本人が参加するということで、
ミーハー魂全開。
麦豆堂さん(愛称麦ちゃん)といっしょに会場へ足を運びました。

タムくんはとっても多才なお方です。
独特の空気感とキャラクターが魅力の漫画はすこぶるすばらしく。
絵がよしもとばななさんの装丁に使われていたり、
タムくん制作のアニメーションにあわせて
タムくん自身がピアノで即興演奏をするライブを開催したり。
まさにアイドル的人気のタムくん。

しかしオープニング当日はあいにくの雨。
ギャラリーにも人影はまばらで、
いともあっさりタムくんに会えました〜(笑)
だらだら小一時間ほど滞在。
その間、会場はほとんど井戸端と化す。
麦ちゃんがギャラリー近くの和菓子屋で買ってきた芋きんつばを囲んで
タムくんと世間話。
いつの間にか田四郎くんも参加。
飛び交う芋と笑い声。
ああ、
ゆるぎなく平和〜♪
…つくづく思うのですが、高松ってある意味めちゃくちゃ穴場です。
タムくん、会えてほんとにヨカッタ☆
(タムくんと会ったのち、したくんをより深く理解できるようになりました)
また高松に遊びにきてねー(^^)/

会期は7/6までだそうです。
お近くにお住まいの方はぜひ足を運んで見てください(^^)

タムくんオフィシャルHP:http://soimusic.com/wisut
タムくんについて詳しいほぼ日。:http://www.1101.com/tum
by pussy-pussy-na | 2008-06-04 01:17 | 会えました〜