ドーナツ的な展開、そんな日々。

b0109256_084375.jpg

夢をみました。

ひとつ屋根の下で黒子といっしょに暮らしております。
寡黙な方で、終日じっとしているようなのですが、
時々、思い出したように離れに通います。
その時ばかりは、ひとこと、
「決して内をのぞいてはいけません。」
と厳しく申します。
わたくしは気になって仕方がありません。
黒子が室内にいる時分、耳を戸にあて中の気配をうかがってみると、
なにやらカチカチ乾いた音が響いてまいります。
一体、…。
それから数日ののち、また黒子が離れへ籠っている際、
とうとうわたくしは、思いきって戸をバーンと開け放ちました!
ああっ!!
目の前には、万年床に寝転がってパソコンに向かう黒子。
立ち上がり、猫の威嚇鳴きをしながらじりじり近づいてきます。
わたくしはポケットを叩いてビスケットを2個も3個も取り出しては投げます。
黒子が怯んだ隙に、さっと回り込みパソコンの画面をのぞいてみると、
プシプシーナと日々のあわ
ああっ!!
「ブログ更新してくれてたんだ〜、ありがとう。」
(完)

あ、はい。おわりです。
ええ。
あ、もう10月。
ねえ。もう。
いえいえ。
あります!
たんと!またしてもいろいろあります!
順番にせっせと、お伝えしてまいりますのでまた華麗にちらちらのぞいていただけると、
ほんとうにうれしいですっ!
えー、では気を取り直して。

先日、(正確には先月)
とってもすてきな郵便物がプシに届きました!
(ちなみに宛名がプチプチーナ珈琲になっている(笑)こっちのほうがかわいいなあ♨)
包みをひらくと、
今月の6日からはじまる企画展のポスターがでてきました!

b0109256_1281467.jpg

送ってくださったのは、高崎デザイナーズアクトのみなさま。
メンバーすべての方が、群馬県高崎市を拠点に活動するデザイナーです。
あのドーナツドリッパーを開発した中林孝之さんも、メンバーのおひとりです。
「私たちデザイナーが感じる大切なことを伝えよう。」
そんな思いから高崎デザイナーズアクトは結成されました。
そして記念すべき、第一回目の活動が、今回の
ウェグナーに座ろうという企画展なのです。
言わずと知れた、デンマークの巨匠ハンス・J・ウェグナーの名作椅子。
それを高崎哲学堂という最高のロケーションで、実際に見て、触れて、座る。
そして、目の前にはコーヒー。
そう、コーヒー!
なんと会期中、中林さんのLittle Luck Coffeeが出店します!
プシプシーナの珈琲も、一部使っていただけることになりました(^^)
ほんとうに夢のようなおハナシです(笑)
会期中、これもまた言わずと知れた日本の巨匠長大作さん、中村好文さん
両氏の講演会も開かれるそうです!
うわー、すごいなあ!!
行きたいなあ〜!!

お近くにお住まいの方も、そうでない方も、非常におすすめの企画展です。
■ 会期/2007年10月6日[土]~28日[日]〈会期中無休〉
■ 会場/高崎哲学堂(群馬県高崎市八島町89)
■ 時間/
 [月~木]11:00~18:00
 [金・土]11:00~20:00
 [日]11:00~18:00
■ 入場料/300円
■ 主催/高崎デザイナーズアクト
■ 特別後援/デンマーク王国大使館
■ 後援/ラジオ高崎
■ 特別協力/Carl Hansen & Son、PPMobler、La Vida、高崎哲学堂、天童木工PLY
■ Cafe/Little Luck Coffeeによる出店
    
より詳しくは、高崎デザイナーズアクトのHP
http://www.takasaki-da.jp
ならびに、ウェグナーに座ろうHP
http://www.wegner.jp
を、どうぞごらんください(^^)
by pussy-pussy-na | 2007-10-03 02:34 | おしらせ


<< 河野さんの在廊日〜メール便開始 やわらかい器とのんきな花器展 >>