プシ・ランチ氏の憂鬱

b0109256_0172330.jpg
きょうは、あまり知られていない
プシ・ランチのおハナシです。

プシ(略)の開店日は、昨年の6月28日。
まだ、1年経っていないのですが、
この1年未満の期間中、
ランチ氏は激動の歴史を歩んだのであります。


ランチ氏の誕生は、昨年の6月28日。
当初はコーヒーといっしょにばっちりスタメン入りしていました。
ところが、
オープンしてわずか2ヶ月のうちに。
予約制!!

その最大の原因は、
コーヒー(ライバル)!
なのであった!!

b0109256_120575.jpg奥の台所をのぞいたことがある方は
ご存知でしょう。
焙煎機があって、
生豆があって、
ミルと抽出台があって、
食器棚があって、
紙の束、ノート、袋。
ほとんどコーヒーにまつわるエトセトラ。
要するに
ランチ氏の為の空間が、
ない。
なかった!
焙煎と抽出と同時に、
ランチ氏をコートに投入しなければならなくなった時が決断のとき、でした。

BGMは、まさに短調のきょうの料理!!
滝のように豆が床に叩きつけられる音!!
同じく食器が(略)!!
激しくぶつかる親子!!!
…ええ。
少し泣いたかもしれません。
そして、
ランチ氏はあっけなくレギュラーを降板したのです。
プシJapan、冷徹なり。
ランチ氏の去ったコートは、
みるみるシンプルになってゆきました。
メニュー
・(どれでも好きな)コーヒー
・カフェ・ラテ
・おはぎ
・きまぐれにでてくるお菓子

コーヒー豆屋。
ヘンなコーヒー豆屋。
そんな采配。

b0109256_2214561.jpgでもね、
ランチ氏の存在感はすきなんです。
料理はたのしい!
哲学的!奥が深い!
たまに氏の安否を気にされるお方もいらっしゃいます。

そうか。
ランチ氏は、みんなに愛されていた!



そんなわけで、
やっぱり予約制なのでありますが、
コーヒーに負けないくらい、
愛情をそそいでつくります。
どうぞお気軽にご指名ください(^^)

ランチ 800円(+100円でコーヒーが付きます。)
でんわ087−865−6377
(なるべく前日までにご連絡おねがいします。)
by pussy-pussy-na | 2007-04-23 02:54 | おしらせ


<< オープニングキノボリ! 清き にちよ >>