菓子木型 春の博覧会

b0109256_21185363.jpg

世界が黄色くぼやけています。
早くも黄砂舞う季節。
うーむ、ソフトフォーカス。
かすむ風景に溶け込んで、
ふいに砂丘のらくだを思い出す。
…ええ。
砂丘と言えば、
鳥取です。
ムエーーーーー!
ええ。
らくだは、
ムエーーーーー!
と、鳴くのです。

みなさん、こんにちはこんばんはー。
またまた至急のお知らせです。
今月2/26(木)〜3/1(日)まで。
当店にて、
「菓子木型 春の博覧会」
という企画展を開催します。
みなさん、菓子木型ってご存知ですか?

b0109256_22103859.jpg

b0109256_22112058.jpg

b0109256_22121420.jpg

和三盆の干菓子や、練りきりなどの成形の際に
使用される逆立体の木の抜き型。
現在、この木型を制作している職人さんは全国で6〜7人。
そのアンカーになるだろうといわれている職人さんが、
この高松にいらっしゃいます。
伝統工芸士の市原 吉博さんです。

ふふふ、ここだけのハナシ。
市原さんとの出会いは、
なんとなんとあのプサンボンがきっかけなのです(笑)
ある日、店に市原さんの娘さんが遊びに来てくれて、
たまたま目にしたプサンボン。
そこからハナシは一気に加速し、
ふふふ、ここだけのハナシ、
ちゃっかり市原さんに弟子入りまでしてしまいましたっ…!
20年。
たゆまずこつこつ彫れば、
わたしも伝統工芸士です(笑)
みなさん、どうぞ長い目でご期待ください☆
ふー、人生。
ほんとうに何が起きるか分かりませんなあー!
というわけで、いやいや。
冗談でなくほんとうに、菓子木型の世界は
奥深く、静謐でうつくしい。
上の画像。
師匠(ここから市原さんは師匠と表記)に、
なんとオリジナルでプシネコの木型をつくっていただきました!
参考にしたのはショップカードのイラストのみ。
毛穴やマフラーのPマークまでばっちり立ち上がっています!
すごい!美猫っ!!
師匠、すごいです!!
弟子のプサンボンとは月とスッポン(笑)

会期中は、師匠の木型がずらりとプシにやってきます(^^)
いままであまり目にすることのなかった菓子木型。
「用の美」とは、まさにこれです。
瞬間、
山頂から霧深い麓にむかって大声で叫び、こだまが返ってくる時のような。
荒波にのまれ、必死の思いで海面に顔を出したときの空の青さを見るような。
こころの目で、世界をみているような心持ち。
みなさん、ぜひご覧になってみてください(^^)

b0109256_07678.jpg

そして、会期中。
2/28(土)と3/1(日)には、
師匠の娘さんである「豆花」さんによる、
干菓子づくり体験会※要予約も開催されます。
豆花さんは、お父様のお仕事を広く知っていただけるように、
実際に木型を使ってのプロモーション活動を活発に展開中です(^^)
自分の手で、和三盆をこさえる感動☆
ぜひ体験してみてください。
みなさんのご参加をお待ちしております!

b0109256_0194580.jpg

b0109256_0202314.jpg

そして、そんな豆花さんと師匠ですが、
明日2/17(火)のKSBスーパーJチャンネル
18時25分くらいから登場します(^^)
上の画像、豆花さんプロデュースの和三盆ギフトなのですが、
今回番組でピックアップされるのは「合格和三盆」
食べるお守り、合格和三盆!
受験生のみなさん、親御さん、必見です☆
制作過程も見られる予定。
現場でちょろちょろしていたプシ親子もひょっとしたら写るかも…?(笑)
香川岡山にお住まいのみなさん、ぜひチェックしてみてください(^^)
なお、合格和三盆を含む豆花さんプロデュース和三盆は、
現在プシでも販売中です(^^)
どうぞよろしくお願いします☆
by pussy-pussy-na | 2009-02-16 01:09 | おしらせ


<< 市原吉博さんの菓子木型 旅するチェンマイ3「河野卓治さ... >>