明日(11/9)の営業時間

b0109256_17284184.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
明日はイベントに出店の為、
店舗はイベント終了後、15時くらいから営業いたします。
用件のみで、すみません。
どうぞよろしくお願いします。
# by pussy-pussy-na | 2014-11-08 17:41 | おしらせ

残暑お見舞い申し上げます

b0109256_23222169.jpg


もう夜が明けたら、9月。
最近、不思議な現象が。

つい、ひと月前の出来事が1年以上前のことのように
感じたり。
まだまだ先だと思っていたことが、実は明日だったりして。
Why?
なぜにー?

みなさん、こんにちはこんばんは。
「残暑お見舞い申し上げます」
と、いうフレーズは
今日まで有効だそうです。
(滑り込みました♡)

そんなわけで、言い訳するのもおこがましいほど
相変わらず、すっかり色々取り乱し、滞っております。
おりますゆえに、9月からは…がんばります!
この8ヶ月間、
動きが全くないように見えて
実のところ、振り返ると、沈黙のうちに劇的進化を遂げたといっても過言では
ないような気がする今日この頃。
(すみません、
飲みながらこのブログ書いています。)

また近日中に新商品のお知らせなど、
あらためてUPいたします。
# by pussy-pussy-na | 2014-08-31 23:59 | きょうのできごと

2014あけましておめでとうございます

b0109256_175811.jpg

もう、とうに明けきってしまい
話頭も転じているところ、
みなさん、あけましておめでとうございます!

現代のペースでいくと、
松の内はすっかり過ぎているそうで、
…ワア!
これは、
完全に発するタイミングを逸してしまった…と、
さすがに悔いております。

この導入の姿勢が、今後の展開に影を落とさぬよう、
手綱をぐぐぐぐぐーっと引き締めてまいります!
なお、
今年の年賀状は、敬愛なる赤羽末吉先生を慕い、
スーホをTTP(てっていてきにパロディ)してしまいました。
本年も、どうぞよろしくお願いします。


では、早速これからの予定などなどを駆け足で。
・1/12(日)「七穀ベーカリーさんの飛び出すパン屋」
・1/18(土)「シュウマイ教室」←定員に達した為募集は終了しました。
・2/1(土)「「パリのチョコレート レシピ帖」新刊記念ワークショップ」←要予約、参加者募集中です。
・振り返り「キャンドル制作ワークショップ」


b0109256_2344976.jpg b0109256_2344654.jpg

まず、「七穀ベーカリーさんの飛び出すパン屋」について。
大阪の大人気パン屋さん、「七穀ベーカリー」さんが今年もプシプシーナ珈琲へパンの出張販売に来てくださいます!
…しかも!
今日!(1月12日日曜日)

天然酵母のふくよかでずっしり美味しいパン。
七穀ベーカリーさんのパンは、
そこはかとなく、まず、どーんと自由があらわれて、
整然としたストロークがさっと追随してくるあの感じ…。
要するに、
ひとたび食べると忘れられない、うるわしき味わい♡
まだ、きっと間に合います!
ぜひ、ぜひ、この機会にどうぞご賞味ください。


b0109256_181114.jpg

つづきまして、1/18(土)「シュウマイ教室」について。

普段、そういえばあんまりシュウマイって
家で作ったことがないなあ〜(ぎょうざはあるけれども)という、ふとした気付き。
当店の周辺で、かれこれずっと続いているお料理交換会という内輪の習わし、
そのメンバーのとっとちゃん(活動名:totto79)が、
しばしばこさえてきてくれる、すこぶる美味しいシュウマイ。
その2点がリンクして、今回のワークショップ開催に至りました。
当日は、学んで食べて、お持ち帰りできるという、
美味しくて楽しい一日になりそうです。
今回、あれよあれよという間に定員に達してしまいました。
また、何らかの手段で教室の模様をお伝えできればと思います。


b0109256_181994.jpg
b0109256_18229.jpg

そして、バレンタインを控えた2/1(土)
「「パリのチョコレート レシピ帖」新刊記念ワークショップ」について。

元朝日新聞社の記者で、現在はインドに住みながら
「おやつを作って、書く」活動をしている多田千香子さん。
彼女の5冊目になる「パリのチョコレート レシピ帖」出版記念ワークショップを
当店にて開催します。
チョコレートの作り方やパリのお話を伺いつつ、
チョコレートのお菓子プレートとコーヒーを楽しむひととき。
当日、本の販売もいたします。

この企画のお話をいただいた際、
活動的でドラマチックな多田さんの半生を知り、
にわかにアドレナリンが沸騰するような高揚を覚えました。
個人的にも、多田さんにお会いするのがとても楽しみです。
どなたさまもぜひ、どうぞお気軽にご参加ください。

ワークショップ詳細は以下↓

講師:多田千香子
日時:2月1日(土)午後1時~2時半
場所:プシプシーナ珈琲
   (定員15名・予約制)
参加費:1900円(コーヒー付き)

予約はプシプシーナ珈琲までお願いします。
TEL・FAX 087-822-7332
Eメール pussy_pussy_na@mac.com
(メールでご予約される際は、お名前、ご連絡先(メールアドレスと携帯電話番号)、
参加人数を送信してください。)

多田千香子(ただちかこ)プロフィール:
1970年、岡山生まれ。岡山大学法学部卒。
朝日新聞記者として12年余り勤めたあとフリー。
料理学校ル・コルドン・ブルーパリ校製菓上級課程修了。
著書に「パリ砂糖漬けの日々」(文藝春秋)「パリのおやつ旅のおやつ」(朝日新聞出版)など。
ウェブサイト http://www.oyatsu-shinpo.com


b0109256_18424.jpg
b0109256_18821.jpg
b0109256_18625.jpg

最後になりましたが、昨年末に開催した
「キャンドル制作ワークショップ」について。

とてもわきあいあいとほがらかに、みなさん
思い思いのキャンドルをこさえられておりました。
同じ材料、同じ行程を経たものでも、
不思議なもので、
作者の人格のようなものをやっぱり漠然と反映しているなあと、
端から観察しながら
さりげなく思いましたことを、ここに記しておきます。
# by pussy-pussy-na | 2014-01-12 02:46 | おしらせ

キャンドル制作ワークショップ

b0109256_1285526.jpg


夏のふしぎさは、
それがあっという間にすぎ去ること。

背中の上、もしくは膝の上、
時には肩の上。
体のふしぶしが猫になる季節です。

みなさん、こんにちはこんばんは!
あんまり長い間、
このブログが更新されずにいるので、
とうとう安否(?)を気遣ってくださる方もちらほら…。
本当にありがたいことです。
我らは平生変わらずたんたんと、
すこぶる元気でやっております。
(大変遺憾ながら、おらのぐうたらには年々拍車がかかっております。)
もう何度言ったか分からない、
目指そう、こまめな更新!


さて、迫る12月15日の日曜日。
キャンドル制作のワークショップを当店にて開催します。
いつもぎりぎり告知で本当にどうもごめんください。
講師はThank You candlesの矢野隼也さん。
野外音楽祭でのキャンドルの演出等で全国的に活躍されています。
今回のワークショップでは、円筒形のキャンドルと、
ロウをこねてつくるキャンドルの2点を制作します。
追加料金でさらにたくさんつくることも出来ますので、
クリスマスやお正月をあたたかく演出する、すてきな贈り物になることと思います。
この機会にぜひ、どうぞお気軽にご参加ください。
(※12歳以下の方は保護者同伴でお越しください。)

「キャンドル制作ワークショップ」
講師:Thank You candles 矢野隼也
日時:12月15日(日)
   13:00から(90分から120分)
場所:プシプシーナ珈琲
   (定員8名・予約制)
参加費:1800円(材料費込み、珈琲&ドーナツ付き)
持ち物:ロウがついてもいい服装かエプロン
予約はプシプシーナ珈琲までお願いします。
TEL・FAX 087-822-7332
Eメール pussy_pussy_na@mac.com
(メールでご予約される際は、お名前、ご連絡先(メールアドレスと携帯電話番号)、
参加人数を送信してください。)


ちなみに、前回11月には講師に友人の木彫家の本多絵美子さんを招いて
木彫りのねこをつくるワークショップを開催しました↓
b0109256_1285845.jpg

b0109256_129439.jpg

b0109256_129112.jpg
b0109256_129736.jpg

当日プシは、熱気の渦に包まれました。
みなさん、わきあいあいとこさえられていて、
完成したものも各々に個性的ですばらしい出来映えでした。
こちらの教室も、またのご縁があればぜひご参加ください。
# by pussy-pussy-na | 2013-12-13 08:15 | おしらせ

残暑お見舞い申し上げます

b0109256_2258216.jpg

みなさん、こんにちはこんばんはー!

暦の上では、セプテンバー。
桜の頃、上之町の店舗から、朝日町の現店舗に移転して、
かれこれ半年以上が経ちました。
しかし、すでに随分長く朝日町にいるような気がします。
もう、春が遠すぎて。
嵐のごとく日々は流れてゆきます。
もはや弁解の余地なし。

みなさん、お元気でお過ごしですか?
私もハハも、今ではすっかり
新しい土地と残暑に順応しております。

話が突然飛びますが、
このお盆は、北アルプスを4泊5日で縦走してきました。

日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平↓
b0109256_22575752.jpg

b0109256_22581610.jpg

(たしか)水晶丘あたりから見た槍↓
b0109256_22575478.jpg

ライチョウ、サンダーバードです。
(2回言いたかっただけでごわす)↓
b0109256_22575933.jpg

黒部五郎岳。とても好きな界隈です↓
b0109256_22575269.jpg

b0109256_22574974.jpg


山って、
本当にいいものだなあ。
道中、
ふいに浮かぶアインシュタインの言葉。

「私たちの生き方には2通りしかない。
奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
すべてが奇跡であるかのように生きるか。」

まるで天国のような場所で、
健康で、前進できるのは奇跡以外に何と呼べよう。
思えば、今日の私があるのも奇跡以外に何と呼べよう。
大変に
リフレッシュしました。

さ、そろそろ心を入れ替えて
今度こそ真面目にブログを更新していこうと
アルプスにカタク誓ってきました!
(…の、割には、降りてきてから随分グズグズしたような…)

ちょっと長くなりますが、
ニュー店舗のご紹介も簡短に続けたいと思います。

春に植えたフウセンカズラがすっかりもじゃもじゃになりました↓
b0109256_22581011.jpg

目印の看板猫↓
b0109256_22582115.jpg

焙煎力が以前より6倍になりました。↓
(おかげで暑さも6倍増)
b0109256_22582632.jpg

b0109256_22581856.jpg

写真はありませんが、なにより心強いスタッフにも恵まれました。

そうそう、先月ananとnidで当店の水出しコーヒーをご紹介いただきました。
b0109256_22582449.jpg

裏の畑ではスイカとメロンを空中栽培しました(自家消費用)↓
b0109256_22581383.jpg


脈絡がなくなってきたので、今日はこのあたりで。
こまめに更新、を心掛けたいと思います。
あらためまして、またどうぞよろしくお願いします!
# by pussy-pussy-na | 2013-09-01 01:29 | おしらせ

2013あけましておめでとうございます

b0109256_0571624.jpg

29、30、31という名の難所。

いつしか、目の前をお正月が疾走している。
私はかの背後にぴったり張り付き、
スリップストリームを利用して
えい!抜き去ってしまえと試みるもならず。
全然ならず。
大みそかの突端で、
お正月が両腕を高く挙げ、鮮やかにテープを切るも
我らのレースは孤独のうちにひたひたと続いて行くのです。
いつしか空は白み、朝焼けが世界中の大地に広がりますがならず。
給水所を1から3まで通過しているうちに、
お正月の背中がだんだん小さくなってゆき
とうとう4日目の朝。
もはや米粒大になったお正月は、瞬く間に朝もやの中に消えにけり。
…ああ!
お正月との小競り合いは、また来年に持ち越しです。

みなさん、新年あけましておめでとうございます!
あっという間に、2013年は始まりました。
忘れた頃に届く年賀状。
そう、それは多分
おらが投函したものです。
どうもごめんください。

さて、早々にお知らせがあります。
今春4月、
ついに店舗を移転することになりました。
場所は同じ高松市の朝日町になります。

建物を建てるところから始めたので、
もっとずっと先の話になるような気がしていましたが、
もう何だかすぐにも建っちゃいそうです。
(※セルフビルドではありませんので、ご安心ください◎)
今度は移転とのレースが始まりました。
絶対に負けられない戦いが、そこにはあるでごわす!
独り言でごわす。

新店舗では、今まで出来なかったことにも色々挑戦したりと
楽しい場になればいいなと思っております。
そしてより一層、美味しい珈琲をお届け出来るよう
精進してまいります。
また詳細についてはおいおいお知らせいたします。
3月の引っ越しぎりぎりまでは、現店舗で通常営業していますので、
引き続き、あらためまして、
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


最後になりましたが、
年末に高円寺のcotogotoさんに、
当店とコラボレーションしたオリジナルのエコバックをつくっていただきました!
お買い物にぴったりサイズのとても素敵なバックです。
cotogotoさんと当店でお取り扱いしていますので、
ぜひお手に取っていただけると幸いです。

b0109256_057791.jpg

b0109256_0571044.jpg

# by pussy-pussy-na | 2013-01-05 03:02 | きょうのできごと

スリールさん

b0109256_024840.jpg

b0109256_0314.jpg

b0109256_02583.jpg

「日本の切手は、オイシイ!」

…あ、今、
ピーター・フランクルさんが遥かむかしに、ラジオか何かでそう言っていたのを
突然思い出しました!
(回想)
「世界中、僕は行く先々の国で切手の裏をなめたけれど、
日本ほどオイシイと感じた国は、未だかつてないよ!
日本の切手は、オイシイ!」

おらも、同感でごわす!


みなさん、こんにちはこんばんは。
あっという間に霜降る月、
11月になりましたね。
ふっ、ノーベンバー。

ふっ、冒頭の切手の話は、
言わばどうでもいいのです。
また随分久しぶりのブログなもので、どうもごめんください。

今日はオイシイ!ケーキのお店をご紹介したいと思います。

先月26日にオープンしたばかりのsourire(スリール)さん。
場所は高松市の上福岡町にあります。
パリの一画を切り取ったような佇まい。
青いドアを開けると、オーナー姉妹が笑顔で出迎えてくれます。
ショーケースに並んだ色とりどりのケーキは、
テイクアウトもイートインも出来ます。

スリールさんのケーキは実に、潔いのです。
気取らず、真面目で、親切且つ丁寧で、ほがらか。
一口食べたその日から、
私はすっかり虜になってしまいました。
普段おやつといえば
どちらかというと(酒のつまみのような)乾きもの類ばかり好む私。
そのオジサン舌の上を、
スリールさんのカスタードは
こんにちは、今日も御機嫌ようと
いとも軽やかにするりと通り抜けていったのであった。
未だかつてない、
さわやかな余韻。
もう一度、
一目彼女(マドモワゼール)に会いたい!
こうしてオジサン舌の主は御代わりの深淵を知るのである。


人生に楽しみがまたひとつ増えました。
みなさんに知って欲しい、素敵なお店です。
ぜひ、可憐なケーキの世界に足を運んでみてください。


b0109256_03499.jpg

b0109256_03796.jpg


cake・焼菓子&喫茶店 スリール
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日
〒760-0077
香川県高松市上福岡町1202-3
TEL/FAX:087-813-4563
http://www.sourire-web.com
# by pussy-pussy-na | 2012-11-06 06:20 | 会えました〜

漆の家

b0109256_0545180.jpg

b0109256_0545550.jpg

みなさん、こんにちはこんばんは!
立秋もとうに過ぎ、白露の頃。
今更ながら、残暑お見舞い申し上げます。

この夏は、例年同様炎天下のもと、
うーん。
(回想)

・製造業に勤しむ毎日。
(勤労の後のビアーの美味しさよ!)
b0109256_1174138.jpgb0109256_1173834.jpg

・7/31徳島は脇町のフォトアートコジマさんへ出張コーヒー講座に行きました。
(とても素敵な写真スタジオとオーナーさんご夫妻、スタッフさん、
明るく気さくなゲストのみなさん。
ごきげんで愉しいお時間どうもありがとうございました!)
b0109256_055426.jpgb0109256_055719.jpg

・そして、隙を見て山へ。
(1/2の確率でわが山行は雨に恵まれます)
b0109256_1173066.jpgb0109256_1172786.jpg

・さらに、深夜のスポーツ観戦。
(早く寝れば良いのに…。)
b0109256_1173678.jpgb0109256_1173323.jpgb0109256_1305171.jpg

納品と、山と、オリンピック。
なかなか感慨深いドラマティックサマーでありました。
(大変長らくブログを放置して申し訳ありません…!!)

さ、では気を取り直して、
近々のイベントの告知をひとつ。

2010年の瀬戸内国際芸術祭に行かれた方は、
記憶に新しいかもしれません。
瀬戸内海の島、
男木島の漆の家にて、
讃岐の伝統工芸である漆器を、
現代の日常生活に沿わせてご紹介するイベントが開催されます。
(9月15日 (土) から9月23日 (日) まで『漆再生』展)

会期中、
9月17日(月・祝)に
漆のコーヒーカップを使用して、珈琲会が開催されます。
(私はそのコーヒーをたてる係の者でございます。)
幼い頃から慣れ親しんだ讃岐の漆器。
今までにも日常に寄り添う存在でしたが、
今回使用する漆のコーヒーカップは、
モダンで美しく、漆黒の中に漆黒のコーヒーが
あたかも小さな湖のようにすっぽりと具合よくおさまるのです。

相も変わらず直前告知になって申し訳ないのですが
まだお席の余裕がありますので、
このスペシャルな機会、
漆の世界にぜひ足を運んでいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


「漆と食のいい関係 ~珈琲会編~」
漆の器は"和"というイメージがありますが、
今回は漆器に珈琲を入れいただきます。
漆の家では、普段の生活に取り入れやすい漆器の使い方を提案します。
島の景色を見ながら非日常のTea Timeをお過ごしください。
日程:2012年9月17日(月・祝)
時間:11:00~12:00/13:00~14:00/15:00~16:00
提供:プシプシーナ珈琲
定員:各10名(要予約/先着順)
参加費:珈琲1杯、お菓子付き 500円(税込み)
※交通費として別途フェリー代がかかります。往復1,000円

お問い合わせ:
特定非営利活動法人アーキペラゴ 担当:小倉
tel/ 087-811-7707
fax/ 087-813-1002
mail/yasuko@archipelago.or.jp
# by pussy-pussy-na | 2012-09-14 02:49 | おしらせ

6月2日、島津田四郎LIVE!

b0109256_23494245.jpg

b0109256_23494675.jpg

布団にもぐって、
猫も定位置に。
もはや眠りに落ちる数分前。
あらゆる会社の企業理念に関する本を
ピローリーディングするのが最近のお気に入りの就寝スタイルです。
ふむふむ。
なんて面白い世界!
枯渇することのない智恵の泉にひたひたと歩を進めながら、
次の瞬間には我が頬をひたひた叩く者あり。
それはあろうことか、
毎度おなじみ、
猫でーす。

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは!
おらのピローはどうでもいいのです。
すなわち何がいいたいかというと、
ウェイが必要だ。
企業にも、社員にも、個人にも、犬にも、猫にも、
人生にはウェイが必要だ!
漠然としていた人生よ、さようなら!
今こそ、プシウェイを見出すとき!
プシウェイ!

あっ、ひとり盛り上がっていたら、
素晴らしいタイミングで、
生まれながらにウェイを持つ男、
島津田四郎君がやって来てくれました!
みなさん、
今回はそう、何を隠そうライブのお知らせなのです!
来る6月2日(土)
17時より、
プシプシーナ珈琲にて
島津田四郎君のライブを開催します。
新曲を多数携えての半年ぶりのライブ。
ますます磨きがかかった田四郎ウェイ、
どうぞぜひ、お気軽に!目撃しにいらしてください。
今回は、透明感のある素敵な歌声の城道ひろこさんもゲストで登場してくれます♡

いつも直前のお知らせで本当にどうもごめんください!
どうぞよろしくお願いします。

《島津田四郎LIVE in プシプシーナ珈琲》
2012.6.2(土)17:00start
出演:島津田四郎
ゲスト:城道 ひろ子
チケット:予約1300円/当日1500円(プシプシーナ珈琲特製焼きそばパン付き)
会場:〒761-8064香川県高松市上之町2-7-4 プシプシーナ珈琲
お問い合わせ・チケット予約:TEL/FAX087-865-6377
メールpussy_pussy_na@mac.com
または、shimazutashirou@hotmail.co.jp
※駐車場に限りがありますので、車で来られる方は予約時にお知らせください。
# by pussy-pussy-na | 2012-05-28 01:17 | おしらせ

トルトゥゲーロ国立公園その4

さて、ずらずらずらっと写真が続きます!

↓イグアナ!
b0109256_193611.jpg

b0109256_194466.jpg

b0109256_1101238.jpg

↓カイマン!
b0109256_1102174.jpg

↓バシリスク!
b0109256_1102799.jpg

↓ホエザル!
b0109256_111399.jpg

b0109256_111790.jpg

↓クモザル!
b0109256_1113664.jpg

b0109256_1114020.jpg

b0109256_1115027.jpg

(以上、おびただしい枚数の中から適当に抜粋しました。)

b0109256_1121711.jpg

b0109256_1122118.jpg

子どもも大人も心底楽しめるジャングルクルーズ。
世界には、こんなに楽しいところがあったのかと、
ただただ感心の連続でした。
このジャングルクルーズを経て、
コスタリカのエコツーリズムが世界屈指の成功事例として
各国に影響を与えているといわれる所以がすんなり納得できました。
環境資源を保護し、生態系を持続して守ることで
それを観光資源へと変えていく。
なんとシンプルで合理的な回答。
観光客の受け入れ態勢のシステムの完璧さにも、
ひたすら目からウロコが落ちました。

コスタリカの思い出とともに、ふと思い出すのが二宮尊徳の言葉。
遠くをはかる者は富み
近くをはかる者は貧す

現代において、
何より守るべきものは
誰にとっても一番近くて、
先進国においては一番遠い、地球。
そのものずばりなのかもしれないと感じます。

つづく
# by pussy-pussy-na | 2012-05-03 06:00 | コスタリカ日記